ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 商工中金、フィリピン貿易産業省やRCBCと提携

商工中金、フィリピン貿易産業省やRCBCと提携

2018年8月6日

広告
広告

近年、商工中金(本店:東京都中央区)のフィリピン進出企業に対する積極姿勢が目立つ。例えば、検定教科書や学習参考書の出版を手がける桐原書店(本社:東京都新宿区)のセブ島での英語学校事業への融資などである。

 そして、8月3日には、フィリピンに進出する中小企業や、フィリピンに関連するビジネスを行う中小企業へのソリューション提供を強化する目的として、フィリピン貿易産業省(DTI)および現地の有力拡大商業銀行であるリサール商業銀行(RCBC、本店:マニラ首都圏マカティ市)との間で、それぞれ業務協力に関する覚書を締結した。

 フィリピンでは、2014年委に人口が1億人を突破し、若く豊富な労働力や拡大する国内市場などを背景に、近年、日系企業の進出が増加している。商工中金は、DTI、RCBCとの連携により、投資関連情報の提供や現地金融ニーズのサポートなど、顧客のフィリピン進出検討段階から現地での事業拡大ニーズまで、幅広くサポートしていく方針である。

 なお、DTIは産業振興や貿易・投資の促進を担う省庁であり、傘下に、投資委員会(BOI)やフィリピン経済区庁(PEZA))を有している。これらの誘致機関を通じ、外国企業のフィリピンへの投資促進を図っている。このDTIと商工中金との間で合意された主な提携内容は以下のとおり。
 ・投資セミナーや投資ミッション等の共催
 ・企業間連携の共同支援
 ・日本企業のフィリピン投資に関する情報交換

 一方、1960年に設立されたRCBCは RCBCはフィリピンの有力財閥ユーチェンコグループ傘下の中核企業である。 2017年末の総資産は5,563億ペソでフィリピン第10位、国内店舗数は508店に達している。ファーストシニアバイスプレジデントの松本康宏氏ら日本人駐在員3名を含む総勢40名超の日本企業部はフィリピン民間商業銀行でも有数の規模である。日系企業700社超と取引を有し、主要工業団地に支店を開設するなど、日系企業に対し充実した金融サービスを提供している。このRCBCと商工中金との間で合意された主な提携内容は以下のとおり。
  ・投資や貿易関連の情報提供
  ・スタンドバイ信用状などの資金調達、各種事務手続きのサポート
  ・現地パートナー企業の紹介(ビジネスマッチング)

 
広告
広告
広告

その他の記事

トヨタ自動車のフィリピンでの製造・販売拠点であるトヨタモーター フィリピン(TMP、所在地:ラグナ州サンタロサ市トヨタ特別経済区)が設立30周年を迎える。
東京電力フュエル&パワー(東電FP、本社:東京都千代田区)と三菱日立パワーシステム(MHPS、本社:神奈川県横浜市)は、2016年9月に国内外火力発電所の効率化に向けた業務提携に関する基本合意書を締結して以来、火力発電分野におけるO&M(運転・維持管理業務)ソリューション・サービスの事業化を目指して検討を続けてきた。
フィリピン人家政婦専門の家事代行サービス会社であるピナイ・インターナショナル(本社:品川区東五反田)は、7月13日付けでサービス提供エリアを拡大した。
ユニクロ・フィリピンは7月1日、「フィリピンでのグローバル旗艦店オープンは2018年10月5日(金曜)と予定している」と発表した。
フィリピンを代表するコングロマリットとなったサンミゲルの食品と飲料事業の大統合が完成した。大統合の方法は、食品子会社であったサンミゲル ピュアフーズ(PF)が授権資本額を24億6,000万ペソから120億ペソへと大幅増額したうえで、サンミゲル向けにPF新株約42億4,255万株(44%)を発行する。
フィリピン航空(PAL)は今年2月、英国SKYTRAX(スカイトラックス)社が運営するワールド・エアライン・レーティングにおいて、4つ星(4スター)航空会社として認定された。現在、スカイトラックスの4つ星航空会社として約40社が認定されているが、フィリピンの航空会社の4つ星認定は、PALのみである。
ルノー・日産自動車・三菱自動車は7月3日、アライアンス内でのカスタマーサービス強化の一環として、共同研修センターをフィリピンに開設したと発表した。
大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)は、6月28日、フィリピン証券取引所(PSE)に対し、「トヨタ自動車へ最大で222億円(約2億米ドル)相当の出資をおこなう」と報告した。
国際協力銀行(JBIC)は、常陽銀行との間で、融資金額11万2千米ドル(JBIC分)の貸付契約を締結した。これは、常陽銀行と締結済の日本の中堅・中小企業の海外事業展開支援のための投資クレジットラインに基づく個別契約である。
6月20日付けビジネス・ワールド紙電子版によると、フィリピンの大手商業銀行であるリサール商業銀行(RCBC)は、日本において、邦銀2行と提携、分散台帳(ブロックチェーン)技術を活用した送金サービスを開始する意向とのことである。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel