ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 株式:ザラ場史上最高値更新後に利食いで急反落

株式:ザラ場史上最高値更新後に利食いで急反落

2017年11月5日

広告
広告

2017年11月3日の株式市場は反落し、PSE株価指数は前営業日から139.89ポイント安の8,376.13ポイントで引けた。率にして1.64%の下落。

 全体の売買代金は前営業日比3%増の97億9,300万ペソ(約220億円)、総取引回数は26%減の10万5,134回。値上り77銘柄、値下がり108銘柄、変わらず58銘柄。外人投資家は6億2,000万ペソの買い越しであった。

 前日の終値ベースでの最高値更新の勢いが続き、取引時間の大半は大幅続伸ペースで推移した。一時は、8,605.15ポイントまで上昇、10月17日に記録した8,586.73ポイントというザラ場(寄付きと引けの間の時間時間)ベースでの史上最高値を更新した。しかし、引けにかけては、利益確定の動きや週末を控えての持ち高軽減の動きが活発となったことから、終値は大幅反落、8,400ポイントを割り込みこの日の安値引けとなった。


 この日の大分類セクター別指数動向は、持株会社(ホールディング・カンパニー)株が2.12%下落、サービス株が2.01%下落、金融株が1.37%下落、工業株が0.99%下落、不動産株が0.28%下落した。唯一、鉱業・石油株(資源株)のみが0.6%の上昇となった。市況上昇を背景にニッケル鉱山株が堅調に推移したことが寄与した。

 
広告
広告
広告

その他の記事

東京ガスは、10月30日、フィリピン共和国エネルギー省(DOE)に対して、フィリピンにおけるLNGバリューチェーン構築に関する関心表明書を提出し、受領された。
2017年10月のフィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)は、月間で2.37%の上昇となった。その後は、利益確定の動きも活発となり、月末にかけては若干軟化したが、月間ベースでは2カ月連続で2%超の上昇となった。
フィリピンのコンビニエンス・ストア(CVS)業界もマニラ首都圏中心に競争が激化しつつある。また、マニラ首都圏を中心とする店舗家賃の上昇にくわえ、年々交通渋滞が酷くなり配送に支障をきたすようになっており、店舗網拡大のネックとなっている。
10月30日、東京で実施された日・フィリピン首脳会談において,安倍晋三内閣総理大臣はロドリゴ・ドゥテルテ・フィリピン共和国大統領に対し、「マニラ首都圏地下鉄計画(フェーズ1)(第一期)」他1件の円借款の供与(供与限度額合計1,139億2,900万円)に関する事前通報を行った。
このところ、ユーチェンコ財閥の有力銀行リサール商業銀行(RCBC)買収観測が台頭、買収憶測報道が何回か行われている。RCBCは1株当たり純資産が44.38ペソ(2016年末)と高水準である一方、昨年に不正送金事件に巻き込まれたことなどから、買収の標的になっているとの観測が根強い。
フィリピンのドゥテルテ大統領が10月29日から31日の日程で訪日。大統領としては、昨年110月に続き2回目の訪日である。30日に、安倍総理がドゥテルテ大統領と会談を行う予定である。
ユニクロ フィリピン(比ユニクロ)は、10月13日、ルソン島マニラ南方カビテ州バコールに立地するショッピングモール「SMシティバコール」のアッパー・グランドフロアに、フィリピン第42店をオープンした。営業時間は毎日午前10時から午後9時である。
デュシタニ・ブランドのフィリピンにおけるフラッグシップ プロパティであるデュシタニ マニラは、28回目を迎えたTTGトラベルアワード2017において、「ベスト シティホテル マニラ」に選ばれた。 
アジア・日本でエンタテイメントビジネスをプロデュースする株式会社トキオ・ゲッツ(本社:東京都渋谷区)は、日本を皮切りにアジア各国で開催されているキャラクターマラソンイベント「ハローキティラン」を、2017年10月21日、SMモールオブアジアにて、フィリピンで初開催した。
「日ASEANサイバーセキュリティ協力ハブ」プロジェクトの取組の一環として、ASEAN加盟国のサイバーセキュリティ主管庁の職員等を対象とした、サイバーセキュリティ演習が10月26日(木)~27日(金)の間、フィリピン(マニラ)にて開催される。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel