ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 2016年の株価25%上昇、時価総額17.6兆ペソに

スポンサードリンク:

2016年の株価25%上昇、時価総額17.6兆ペソに

2018年1月1日

フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)は、2017年12月月間で3.69%の上昇となった。特に、後半に強い動きとなり、終値ベースでは28日、29日(最終営業日)と2日連続で最高値を更新した。特に、29日は一時8,640.04ポイントまで上昇、ザラ場(寄付きと引けの間の取引時間)瞬間値ベースでも、2017年11月3日に記録した8,605.15ポイントを約2カ月ぶりに更新、史上最高値となった。

 この結果、PSEiは2017年年間(1月~12月)で25.11%の上昇、8,558.42ポイントで引けた。ミンダナオ全島での戒厳令、マラウィ市でのI政府軍と過激派との戦闘などマイナス要因も少なくなかったが、ASEAN最高水準の経済成長率持続、堅調な企業業績、主要国市場での株高などを背景に、3年ぶりの年間ベースでの上昇となった。また、終値ベースでの最高値更新は14回に達した。2016年後半に急落した後の値頃感による押し目買いの動きなどもあって、二桁の上昇率となった。

 年間の大分類セクター別指数動向は、金融株が34.71%上昇、不動産株が29.73%上昇、サービス株が24.33%上昇、持株会社(ホールディング・カンパニー)株が23.23%上昇、工業株が5.46%上昇となった。鉱業・石油株(資源株)は3%の下落となった。鉱業・石油株は、ジーナ・ロペス前環境資源相による操業停止命令多発などが響いた(PDS取引記録などより)。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel