ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 地下鉄第1期事業承認、初期投資額3,556億ペソ

地下鉄第1期事業承認、初期投資額3,556億ペソ

2017年9月7日

広告
広告

9月5日開催の国家経済開発庁(NEDA)投資調整委員会(ICC)と閣僚委員会(CabCom)会議(ICC-CC)においてで、3件のインフラ事業が承認された。

 その一つが、注目のメトロマニラ地下鉄プロジェクト(MMSP)フェーズⅠ(第1期)事業である。MMSP第1期事業は、ケソン市ミンダナオ・アベニューからパラニューケ市のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)を繋ぐ。ミンダナオ・アベニュー、ノース・アベニュー、ケソン・アベニュー、イースト・アベニュー、アノナス、カティプナン、オルティガス・ノース、オルティガス・サウス、カラヤアン、ボニファシオ・グローバルシティー、カジェタノ・ブールバード、フード・ターミナル(FTI)、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の13カ所に駅が設置される計画である。

 地下鉄や駅のほか、28ヘクタールの停車場、トレーニング、その他の関連施設の建設も含まれる。着工は2018年、完工は2025年央と予定されている。推定コストは3,556億ペソと見積もられている。このプロジェクト完成により、マニラ首都圏の交通渋滞緩和や温暖化ガス排出削減などの効果が期待されている。

 
広告
広告
広告

その他の記事

CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D. パワーアジア・パシフィックは8月31日に、シンガポールにおいて、2017年フィリピン新車セールス満足度(Sales Satisfaction Index、略称SSI)調査の結果を発表した。
2017年8月のフィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)は、月間で0.74%の下落となった。この結果、2017年8カ月間(1月~8月)のPSEiは16.34%の上昇となった。
PDS(フィ リピン・ディーリング・システム)におけるペソ対米ドルレートは、2017年8月末値(8月31日終値)が1米ドル=51.170ぺソとなり、前月末から1.39%下落した。2016年12月末(49.720ペソ)からは2.83%下落。すなわち、8カ月間(1月~8月)で累計で2.83%のペソ安となった。
フィリピンを代表するコングロマリットであるアヤラコープ(AC)やその傘下のアヤラランドなどのアヤラ グループ企業がEコマース企業に資本参加した。
9月26日に東京にて、フィリピン経済ブリーフィング2017が開催される。
越境飲食店ネット予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」を提供する、株式会社VESPER(べスパー、本社:東京都中央区)は、日本国外における導入実績が10都市を突破し、東南アジア地域(ASEAN)へ進出した。
フィリピン競争委員会(PCC)は8月29日、JT(日本たばこ産業)グループの海外たばこ事業を担うJTI(日本たばこインターナショナル)及びJTIフィリピンズのマイティ社(MC)及びWong Chu King Holdings(WCKH社)の資産買収を承認した。
セイコーエプソン( エプソン)は、フィリピンの製造子会社エプソン プレシジョン(フィリピン)社(EPPI)に新工場を増設、6月末に竣工した。 新工場は、総額約1億4,300万米ドルを投資(2015年度から2017年度まで)、2015年1月に着工、最新鋭かつ最高効率のオペレーションを実現する工場とするべく建設を進め、このほど完成したものである。
8月25日未明、フィリピンの東の海上で、台風14号が発生した。日本気象協会によると、台風14号には「パカー」というアジア名が命名された。パカーはラオスが用意した名前で、「淡水魚」を意味する。
バイオマス・ジャパン(本社:東京都豊島区)は、独立行政法人国際協力機構(JICA)の「2016年度第1回中小企業海外展開支援事業~普及・実証事業~」に採択され、フィリピンにおける廃食油回収システムの構築及びバイオディーゼルの製造と流通による環境改善に関する普及・実証事業を行っている。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel