ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 地下鉄第1期事業承認、初期投資額3,556億ペソ

スポンサードリンク:

地下鉄第1期事業承認、初期投資額3,556億ペソ

2017年9月7日

9月5日開催の国家経済開発庁(NEDA)投資調整委員会(ICC)と閣僚委員会(CabCom)会議(ICC-CC)においてで、3件のインフラ事業が承認された。

 その一つが、注目のメトロマニラ地下鉄プロジェクト(MMSP)フェーズⅠ(第1期)事業である。MMSP第1期事業は、ケソン市ミンダナオ・アベニューからパラニューケ市のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)を繋ぐ。ミンダナオ・アベニュー、ノース・アベニュー、ケソン・アベニュー、イースト・アベニュー、アノナス、カティプナン、オルティガス・ノース、オルティガス・サウス、カラヤアン、ボニファシオ・グローバルシティー、カジェタノ・ブールバード、フード・ターミナル(FTI)、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の13カ所に駅が設置される計画である。

 地下鉄や駅のほか、28ヘクタールの停車場、トレーニング、その他の関連施設の建設も含まれる。着工は2018年、完工は2025年央と予定されている。推定コストは3,556億ペソと見積もられている。このプロジェクト完成により、マニラ首都圏の交通渋滞緩和や温暖化ガス排出削減などの効果が期待されている。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel