ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 三井住友建設、フィリピンで南北通勤鉄道事業を受注

三井住友建設、フィリピンで南北通勤鉄道事業を受注

2019年1月29日

広告
広告

三井住友建設(本社:東京都中央区)は、フィリピンで南北通勤鉄道事業(マロロス-ツツバン)CP2工区を受注し、1月23日にマニラで契約を調印した。

 調印式には、フィリピン運輸省バタン次官、フィリピン国有鉄道マグノ総裁、予算行政管理省調達庁グジャレス常任理事、JICAフィリピン事務所の和田義郎所長、三井住友建設の山地斉常務執行役員国際本部副本部長などが出席した。

 フィリピンは、約30万平方キロメートルの国土に約1億人強(世界第12位)の人口を抱え、平均年齢が約24歳と若く、人口ボーナスも2045年頃まで続く見込みで、急速な経済発展を遂げている。中でもマニラ首都圏は、同国最大の経済集積地であり、人口集中も著しく、これに伴う急激な交通需要増大が慢性的な交通渋滞を深刻化させ、貨物物流等にも悪影響を引き起こしている。

 南北通勤鉄道事業(マロロス-ツツバン)CP2工区は、日本の政府開発援助(ODA)により実施されるプロジェクトで、首都圏マニラ市と周辺都市を南北軸によって結ぶ「南北通勤鉄道計画」のうち、北方のブラカン州マロロス市から首都圏マニラ市ツツバンまでの区間を整備するものである。これにより、マニラ首都圏の交通ネットワークの円滑化が見込まれる。

 当プロジェクトは、総延長約38kmの高架型鉄道を建設するもので、その内、三井住友建設受注のCP2工区は、北側起点駅(マロロス駅)を含む3カ所の駅舎と14 kmの高架橋建設を担当する。

<工事概要>
工事名称: 南北通勤鉄道事業(マロロス-ツツバン)CP2工区 
発注者: フィリピン共和国運輸省 
設計監理: オリエンタルコンサルタンツグローバル/片平エンジニアリング・インターナショナル/パシフィックコンサルタンツ/日本コンサルタンツ/トーニチコンサルタント 共同企業体(JV)
施工: 三井住友建設 
請負金額: 約539億円 
工期: 42カ月 
施工場所: フィリピン共和国 マニラ首都圏 
工事概要: 高架橋-延長14km、高架駅舎-3駅 

 なお、三井住友建設は、1995年にマニラ駐在員事務所の開設及びスミコンフィリピンズの設立以来、日本の政府開発援助(ODA)事業としてアガスアガス橋の施工実績があり、さらにフィリピン全土で建築・土木工事共に多数の実績を有している。また2016年には、フィリピンに人材開発センターを開設し、海外拠点で働くローカル社員の育成を行っている。

 今後も引き続きフィリピンを安定的市場として営業活動を継続し、経済発展に貢献して行く方針である(19年1月28日の三井住友建設株式会社ニュースリリースより)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

株式会社イオンファンタジーは海外でも、フィリピン、中国、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナムにおいて、ファミリー向けアミューズメント施設およびインドアプレイグラウンドの直営展開を進めるとともに、香港、カンボジアにおいて、ライセンス契約およびフランチャイズの店舗を展開している。
三菱商事は、フィリピンを代表するアヤラ財閥の旗艦企業であるアヤラコーポレーション(アヤラコープ、以下ACと記す)の主要株主であり、AC取締役(定員7名)のうち1名を占めている。現在、三菱商事マニラ支店長の松永啓一氏がACの取締役を務めている。この三菱商事が、保有するAC株式の一部1,300万株(発行済み株式の約2%)を追加売却した。
旅行業界最大手の株式会社JTB(本社:東京都品川区)が、フィリピンでの事業基盤や業容を一段と拡充させている。2015年、JTBはアジア事業強化の一環として子会社をフィリピンに設立、2015年4月に営業を開始した。
住友商事株式会社は、三菱重工グループの三菱重工エンジニアリングをパートナーとして、フィリピン共和国マニラ都市圏における都市鉄道Manila Metro Rail Transit System 3(MRT 3号線)の改修およびメンテナンスプロジェクトを、フィリピン共和国運輸省(DOTr)から受注した。
フィリピン中央銀行(BSP)によると、全国における2018年第3四半期(7月~9月)の住宅不動産価格指数(RREPI)は前年同期比4.4%上昇したが、前四半期比では、0.6%低下した。
株式会社TNC(本社:東京都新宿区)は、アセアン主要7カ国の2018年における、トレンドを調査するため、同社のサービスである「TNCアジアトレンドラボ」で収集している情報や、各国の現地ボードメンバーを対象に自主調査を実施した。
今回は、世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づき計170の世界主要国および各地域において、2017年のビール消費量をまとめ、12月20日にその結果を発表した。この調査は1975年分から統計を開始している。
スイスの経済研究機関「世界経済フォーラム(WEF)」は12月18日、世界各国の政治、社会、経済面での男女格差を総合的に評価した「世界男女格差(ジェンダーギャップ)報告書2018年版」を発表、そのなかで、男女平等度を指数化、ランキングしている。フィリピンは2013年5位、2014年9位、そして2015年6位、2016年7位、2017年10位と世界ベスト10の常連となり、アジアでは断トツの男女平等度となっている。
12月12日、マカティ市地下鉄プロジェクトの起工セレモニー(セレモニアル・ドリリング)が、マカティ市市庁舎前で開催された。マカティ市のアビー・ビナイ市長がこのセレモニーを主導した。
ファーストリテイリングは、2009年のシンガポールにおけるユニクロ1号店出店により、東南アジア・オセアニア地域における展開を開始し、その後、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、オーストラリアへと店舗網を拡大。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel