ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 住友鉱出資のニッケル・アジア、上半期63倍増益

スポンサードリンク:

住友鉱出資のニッケル・アジア、上半期63倍増益

2017年8月7日

有力ニッケル鉱山会社であるニッケル・アジア・コーポレーション社(NAC社)が、8月4日、2017年上半期(1月~6月)の決算速報を発表した。

 今上半期の鉱石出荷量は鉱石出荷量は前年同期比4.4%増の892万トンとなった。出荷量は小幅増加であったが、二ッケル市況急上昇やドル高ペソ安効果により、鉱石出荷額は同41%増の74億ペソへと大幅増加した。ちなみに、日本や中国への直接輸出分106万トンの1トン当たり平均出荷価格は25.88米ドルで、前年同期の18.24米 ドルから42%上昇した。
 
 これらの結果、総収入は同42%増の78億ペソへと大幅増加した。増収効果にくわえ、生産コストが同9%増の33億ペソと一桁増加にとどまったこと、営業費用も同4%増の17億ペソと小幅増加にとどまったなどで報告純利益は同8.7倍の22億ペソ、帰属損益は同62.9倍の15億3,515万ペソへと急増した。1株当たり純利益(EPS)も0.20ペソで、前年同期のほぼ0から急増した。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel