ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 日立、マニラ電力にリチウムイオン蓄電システム供給

日立、マニラ電力にリチウムイオン蓄電システム供給

2019年10月2日

広告
広告

電力安定供給、スマートグリッド構築を支援へ

 

日立製作所(日立)は、現地最大の配電企業であるマニラ電力(メラルコ)と共同でフィリピンで蓄電システム(BESS)事業を展開しつつある。

 具体的には、まずメラルコが日立の「1MWリチウムイオン蓄電システムパッケージ」を2基(合計2MW)調達、送電網に組み込んだ。設置場所はブラカン州サンラファエル。BESSは電力安定供給に貢献するものであり、メラルコの目指すスマートグリッド(次世代送電網)構築に不可欠なシステムと位置づけられている。スマートグリッドとは、電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる送電網のことである。

 日立によると、電力は、常に需要に合わせて供給との調整バランスを保つ必要がある。このバランスが崩れると、電力の品質のひとつである周波数が不安定になり、最悪の場合には大停電が発生する恐れがある。CO2削減を目的として急速に普及が進んでいる太陽光や風力などの自然エネルギーは、天候や風向きといった不安定な条件で出力、周波数が大きく変動するため、大量に電力系統に導入された場合、電力需給バランスを維持するのが難しくなる。そこで、ITを活用した制御に加えて注目されるようになったのが、調整機能としての蓄電システムである。

 日立は、蓄電デバイスの材料をはじめ、民生、産業、自動車向けの多彩な蓄電池を生産するとともに、研究開発からシステムインテグレーションまで幅広く取り組んできた。鉛蓄電池のように比較的大きなエネルギーを貯蔵できるものから、リチウムイオン電池のように短時間で大きな出力を出せるものまで、用途に合わせた最適な蓄電システムを構築することが可能である。調整力として最適と考えられるのは、リチウムイオン電池を搭載したコンテナ型蓄電システムであり、日立グループの総力が結集され、ワンパッケージの1MWコンテナ型蓄電システム完成に至った。

 日立は、電力流通システム事業を電力システム事業の中核事業に位置づけており、機器と制御システムなどのIT、パワーエレクトロニクス技術を融合したソリューション事業の拡大を図っており、フィリピンなど送電網の強化・拡充が求められる国や地域において、様々なニーズに応える電力流通システムソリューションを提供して行く方針である。

 
広告
広告
広告

その他の記事

三越伊勢丹ホールディングス、野村不動産、フィリピン大手不動産企業のフェデラルランド は共同で、フィリピン・マニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)地区に位置する、フェデラルランドが開発したグランド・セントラルパーク地域において、分譲住宅及び商業施設の不動産複合開発に取り組んでいる。
キリンホールディングス)が48.39%出資しているサンミゲル ブリュワリーは、2019年9月末から、マニラ首都圏マカティ市とボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の飲食店向けに「キリン一番搾り樽詰生」の販売を開始する。
出光興産の子会社であり防水事業などを展開する昭石化工(本社:東京都港区)は、9月19日、マニラ首都圏マカティ市デュシタニ・マニラにおいて、マニラ支店の開所式を開催した。
日本政府観光局(JNTO)は9月18日、2019年8月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、8月の訪日外客数は前年同月比2.2%減の252万0,100人で、2018年8月の257万8千人を約6万人下回った。
オートバックスセブンと加盟店契約を結んでいるユーエイは、同社店舗にて受け入れているフィリピン人技能実習生の1名が、新在留資格「特定技能1号」の自動車整備分野で初めて特定技能外国人としての許可を受けた。
フィリピンでも、コンビニエンス・ストア業界(コンビニ業界)において再編の動きが活発化している。最後発のローソンは8月末で53店(各統計などからの推定値)で、前月末の49店から4店増加、50店を突破した。
フィリピン観光省によると、2019年7月の海外からのフィリピン訪問者数は前年同月比18.1%増の71万9,057人。この数字にはフィリピン人海外就労者(OFW)を除く在外フィリピン人(比国籍保持者)も含まれている。
株式会社イオンファンタジーは海外でも、フィリピン、中国、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナムにおいて、ファミリー向けアミューズメント施設およびインドアプレイグラウンドの直営展開を進めるとともに、香港、カンボジアにおいて、ライセンス契約およびフランチャイズの店舗を展開している。
日野自動車(日野、本社:東京都日野市)とフィリピンにおける販売製造子会社の日野モータース フィリピンは、9月5日に「テクニカルサポートアンドトレーニングセンター(TSTC)」の開所式を実施した。
商船三井ロジスティクスのフィリピン現地法人MOL Logistics Philippines Inc.はこの度、バダンガス港に完成車向け専用施設Pre-Delivery Inspection Centerを開設、大手自動車メーカーの完成車に関わる納車前点検サービスの取り扱いを開始した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel