ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > フィリピントヨタ環境対策も推進、18年のCO2排出10%減少

フィリピントヨタ環境対策も推進、18年のCO2排出10%減少

2019年10月5日

広告
広告

生産台数26%減少で生産1台当たり排出量は増加

 
環境を経営の最重要課題のひとつと位置付け、CO2排出ゼロにとどまらず環境へのプラスを目指すトヨタグループの一員として、トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP)もクルマの製造時におけるCO2排出量ゼロを目指す「工場CO2ゼロチャレンジ」など環境マネジメントを強化している。

 TMP製造工場は環境保全を最優先にデザインされており、太陽光発電システムの導入なども積極的に進められている。TMPサステナビリティレポートによると、下表のとおり、エネルギーや水の消費量が減少傾向を辿っている。2018年には電力消費量が前年比(以下同様)11%減少、軽油消費量は14%減少、LPG消費量は6%減少、水使用量は9%減少した。また、CO2排出量は10%減の約1万4千トンとなった。

 ただし、2018年は、車両税改正(大半の車種は増税)の影響で、フィリピン自動車業界全体の四輪車販売、生産台数が大幅減少した。その結果、TMPの生産一台当たりのCO2排出量は20%増の0.3トンへと増加したが、生産台数の大幅減少という一時的要因であり、2016年は11%減、2017年は6%減と急ピッチで削減されてきていた。

 ちなみに、TMPの2018年の生産台数は25.6%減の4万6,117台であった。そのうち、小型セダンのヴィオスが28.5%減の2万7,175台、多目的車のイノーバが20.9%減の1万8,942台であった。

 TMPは、ハイブリッド車(HV)の啓蒙・普及やそれによる環境保全啓蒙活動を加速化している。2009年央にはフィリピン初となるHV「プリウス」を発売した。すなわち、プリウス発売10周年を迎えたのである。2012年1月には「プリウスC(日本名:アクア)」を発売した。レクサス車販売会社であるレクサス・マニラもHVを投入している。そして、電気代が高く充電ステーションの整備が進んでいないフィリピンでは、エコカー普及においては、HVが現実的な選択肢と考えられるなどと訴えている。

 フィリピンでは本格的なエコカー優遇法案未成立などにより、HVなどエコカーは普通車に比べかなりの割高感を感じさせる販売価格の設定を余儀なくされている。プリウスの販売価格は220万ペソ(約480万円)で、現時点で販売台数は限定的なものとなっている。ちなみに、2018年のTMCのHV販売台数は16.7%増の105台であったとのことである。本格的なエコカー優遇法案などの成立が待たれるところである。
 
 
トヨタモーター・フィリピンのエネルギーなどの月間平均消費量推移
項目201520162017201818年変化率
電力消費量(kWh)1,941,3111,911,2262,002.1351,781,691-11%
LPG消費量(キログラム)47,85654,20558,16654,841-6%
軽油消費量(リットル)22,62020,51127,03023,289-14%
水消費量(立米)N.A.16,53317,01715,575-9%
 
(出所:TMPサステナビリティレポートなどより作成)
 
トヨタモーター・フィリピンの生産1台当たりのエネルギー等消費量・CO2排気量推移
項目201520162017201818年変化率
電力消費量(kWh)477.75416.77387.80463.70+20%
LPG消費量(キログラム)11.7911.8211.2714.27+27%
軽油消費量(リットル)5.514.845.246.06+16%
水消費量(立米)4.403.613.304.05+8%
CO2排出量(トン)0.300.270.250.30+20%
VOC排出量(グラム/平米)50.5545.9143.9947.86+9%
 
(出所:TMPサステナビリティレポートなどより作成)
 
広告
広告
広告

その他の記事

米国フォーブス誌アジア版が、フィリピン富豪番付トップ50(2019年版)を発表した。
三越伊勢丹ホールディングス、野村不動産、フィリピン大手不動産企業のフェデラルランド は共同で、フィリピン・マニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)地区に位置する、フェデラルランドが開発したグランド・セントラルパーク地域において、分譲住宅及び商業施設の不動産複合開発に取り組んでいる。
キリンホールディングス)が48.39%出資しているサンミゲル ブリュワリーは、2019年9月末から、マニラ首都圏マカティ市とボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の飲食店向けに「キリン一番搾り樽詰生」の販売を開始する。
出光興産の子会社であり防水事業などを展開する昭石化工(本社:東京都港区)は、9月19日、マニラ首都圏マカティ市デュシタニ・マニラにおいて、マニラ支店の開所式を開催した。
日本政府観光局(JNTO)は9月18日、2019年8月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、8月の訪日外客数は前年同月比2.2%減の252万0,100人で、2018年8月の257万8千人を約6万人下回った。
オートバックスセブンと加盟店契約を結んでいるユーエイは、同社店舗にて受け入れているフィリピン人技能実習生の1名が、新在留資格「特定技能1号」の自動車整備分野で初めて特定技能外国人としての許可を受けた。
フィリピンでも、コンビニエンス・ストア業界(コンビニ業界)において再編の動きが活発化している。最後発のローソンは8月末で53店(各統計などからの推定値)で、前月末の49店から4店増加、50店を突破した。
フィリピン観光省によると、2019年7月の海外からのフィリピン訪問者数は前年同月比18.1%増の71万9,057人。この数字にはフィリピン人海外就労者(OFW)を除く在外フィリピン人(比国籍保持者)も含まれている。
株式会社イオンファンタジーは海外でも、フィリピン、中国、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナムにおいて、ファミリー向けアミューズメント施設およびインドアプレイグラウンドの直営展開を進めるとともに、香港、カンボジアにおいて、ライセンス契約およびフランチャイズの店舗を展開している。
日野自動車(日野、本社:東京都日野市)とフィリピンにおける販売製造子会社の日野モータース フィリピンは、9月5日に「テクニカルサポートアンドトレーニングセンター(TSTC)」の開所式を実施した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel