ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > バニラエア、セブ航空等への乗り継ぎ予約開始

バニラエア、セブ航空等への乗り継ぎ予約開始

2018年1月5日

 バニラエア(所在地:千葉県成田市)は、2017年12月22日より、バニラエアウェブサイト(vanilla-air.com)から、バリューアライアンスのメンバーであるセブ航空(ブランド名:セブ・パシフィック航空、所在地:マニラ)及びノックスクート(所在地:バンコク)の路線網へのワンストップ予約を開始した。

 本サービスは、既に同アライアンスメンバーであるスクートと2016年11月より開始をしており、今回は、スクートに加えて、セブ航空、ノックスクートとの乗り継ぎをワンストップで予約・購入できるようサービスを拡大したものである。今回、加わる2社ともスクートと同様にエア・ブラック・ボックス社のシステムを通じて、ワンストップでの予約・購入が可能となった。

 今回、セブ航空、ノックスクートとの接続で、例えば、成田からセブを経由してマニラ、クラーク、イロイロなどセブ航空の多数の就航地へ乗り継ぎ可能となる。このサービスは、バニラエアのウェブサイトにて、フライトの予約・購入のみならず、座席指定や手荷物も購入できるバニラエアのウェブサイトならではのワンストップサービスである。新たにお乗り継ぎできる都市については、バニラエアウェブサイトにて確認できる。購入可能となるのは、2017年12月21日からの搭乗分で、片道予約および発着地が同一の往復予約で、最大6区間まで旅程をご予約できる。勿論、既にバニラエアと接続しているスクートと今回接続するセブ航空、ノックスクートを組み合わせた旅程も予約・購入できる。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel