ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > ワイヤーハーネスのバンダイ、フィリピン進出

スポンサードリンク:

ワイヤーハーネスのバンダイ、フィリピン進出

2017年12月1日

国際協力銀行(JBIC)は、11月30日、バンダイ株式会社(本社:東京都渋谷区、以下「バンダイ」)との間で、融資金額177万5千米ドル(JBIC分)の貸付契約を締結した。本融資は、埼玉りそな銀行との協調融資によるものであり、協調融資総額は360万8千米ドル相当である。

 本融資は、バンダイのフィリピン法人BANDAI WIREHARNESS PHILIPPINES, INC.(BWP)が実施するワイヤーハーネスの製造・販売事業に必要な貸付資金をバンダイに対して融資するものである

 バンダイは、自動車用ワイヤーハーネスの販売を手掛ける中堅企業であり、2017年3月に製造・販売拠点としてフィリピンにBWPを設立した。バンダイはワイヤーハーネスの堅調な海外需要を見込んでおり、BWPを通じた生産拡大を企図している。本融資は、こうしたバンダイの海外事業展開への支援を通じて、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものである。

 バンダイは、1977年創業以来、ワイヤーハーネス加工に携わってきた。顧客の海外進出、コストダウンの要求に応えるべく、1999年にベトナムに進出。多種、多様なワイヤーハーネス加工から現在、自動車部品のワイヤーハーネス加工を主に2014年にメキシコに進出、2017年フィリピンBWP工場を着工した。このBWP工場は、バタンガス州タヌアン市パガスパスのファースト インダストリアル タウンシップ特別経済区(FIT-SEZ),に立地する。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel