ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 矢野造船、フィリピン造船市場参入へ

矢野造船、フィリピン造船市場参入へ

2017年12月28日

国際協力機構(JICA)は、「中小企業海外展開支援事業~基礎調査~(2017年第2回)」において矢野造船(本社:愛媛県今治市)が提案する「フィリピン国中小型船の検査、メンテナンス技術を活用した造船市場参入基礎調査」(フィリピン)を採択した。

 フィリピンでは、船舶の整備不良や老朽化が原因と考えられる海難事故が後を絶たず、船舶の安全な航行が内航海運発展上の課題となっている。また、メンテナンスの技術やシステムも確立されておらず、適切な点検、メンテナンス技術へのニーズが高まっている。

 矢野造船)は、中小型鋼船の新造船建造、検査、修理に係る技術と熟練技術者の育成に強みを有している。船舶の安全確保や延命化に関しては、船体、エンジン等の検査技術をはじめ、メンテナンス技術とノウハウの蓄積がある。また、海外からの技術者を受け入れ、独自の教育システムによる、技術者の育成にも努めてきた。フィリピンで運行されている船舶の多くは海外からの中古船であり、中古船の9割が日本から入ってきたものである。60年以上の造船事業の中で培った矢野造船の技術やノウハウは、フィリピン中小型船の安全航行のための点検・メンテナンスに求められている。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel