ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フリーペーパー > 2019年5月号 vol.134

2019年5月号 vol.134
広告
広告

『こちらのボタンを押すとダウンロードが始まります。(データ容量15M以上)』

PDFファイルで保存・印刷する

広告
広告

フィリピンプライマー 2019年5月号 vol.134

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

4月25日号(Vol.134)発行
マニラ発ライフスタイルフリーペーパー
フィリピン プライマー

★━━━━━━ philippine primer (http://primer.ph)━━━━★

★・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・,。・:*:'・★
 
★4月25日号発行★
1) 【特集】”緑豊かなフィリピンのビバリーヒルズ アラバン”
2) 【トラベル】ボラカイ Boracay
3) 【ビジネスパーソンインタビュー】
QuadX Inc./創業者兼CEO Dino Aranetaさん
4) 【JobPrimer】フィリピン人スタッフの採用に困ったらJobPrimer
5) 【生活情報ガイドブック】ライフスタイルガイド2019年版発刊!
6) 別冊【Philippine Primer英語版】学校特集
7) 【編集後記】

★・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・,。・:*:'・★


★4月25日号発行★
1) 【特集】”緑豊かなフィリピンのビバリーヒルズ アラバン”

マカティの南側、サンタローサの手前にある高級住宅街のアラバン。
マカティやBGCに引けを取らない近代都市であるにもかかわらず、
緑が多く、そして何よりも広々とした町並みはのんびりした空気が流れる。
10年以上まえからあるアラバン・タウン・センターと
フェスティバル・モール、比較的新しく高級なレストランが集うモリト、
ウェストゲートそしてコマースセンターの徒歩圏内にある5つのモールが
注目すべきスポット。他には6件のホテル、カントリークラブなどもある。
P2Pバスの登場で、車がなくても直行でマカティやBGCから
30~40分程で行けるようになったので、昔と比べぐっと距離が近くなった。


http://primer.ph/freepaper/index.html


★・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・,。・:*:'・★

2) 【トラベル】ボラカイ Boracay

約半年の閉鎖期間の経て、ボラカイはまた国際的なリゾートとして
よみがえった。ボラカイはフィリピン中部のパナイ島、最北端沖に
浮かぶリゾートアイランドだ。ホワイトサンズとターコイズブルー
の海がつくりあげる景観は、再オープンした今も、世界中の観光客を
魅了してやまない。現実を忘れて何もしない贅沢…観光客を魅了
し続けるボラカイという名のパラダイスへ、再び足を踏み入れてみよう。

★・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・,。・:*:'・★


3) 【ビジネスパーソンインタビュー】
QuadX Inc./創業者兼CEO Dino Aranetaさん

フィリピン国内で急成長している企業・QuadX Inc.は、国際間の
デジタルロジスティクスとeコマースにおける支払いシステムに
特化したスタートアップ企業だが、Dino Aranetaさんは、その
創業者だ。同社はこれまで「ShippingCart」、「CheckMeOut」、
「XPost」という3つのデジタル・プラットフォームを開発している。
Dino Aranetaさんの全色はLBC Expressの最高戦略責任者。

★・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・,。・:*:'・★

4) 【JobPrimer】簡単!無料!フィリピン人スタッフの採用に困ったら

スタッフや幹部の採用、特にフィリピン人スタッフや幹部の
採用となると、時間がかかる、良い人になかなか会えない、
採用費用がかさむ、そんなイメージを持たれている採用ご担当者の
方に朗報です!エキスパッツの読者を多く抱えるPrimerでは、
企業様と求職者をマッチングするJOBPRIMERを開始。
登録も簡単で、しかも無料です!
ぜひ、御社の採用の武器としてご活用ください!!


ジョブプライマーはこちらから! jobprimer.com.ph
使い方の説明はこちら!(英語)https://goo.gl/14Q5NW
お問い合わせはこちらからhttps://jobprimer.com.ph/contact-us

★・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・,。・:*:'・★

5) 【生活情報ガイドブック】ライフスタイルガイド2019年版発刊!

プライマーは、フィリピンで暮らしてる方や新しくフィリピンに
引越される方が、より便利でより快適に生活していただくのに
役立つ情報を1冊にまとめました。

以下のようなカテゴリーで、幅広く情報を集約!

レストラン・ショッピング・ビューティー・旅行・スポーツ・
教育・医療・ビジネスなど

<主な配布場所>
マカティ内の日本食材店、日本食レストラン

フィリピンライフスタイルガイド 2019は無料ですので、
是非お手に取ってください。


★・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・,。・:*:'・★


6) 別冊【Philippine Primer英語版】BGC特集


フィリピン人やフィリピンで暮らすエキスパット向けに発行している
フィリピンプライマー英語版。

☆★Vol.37(4月号)はここをチェック!☆★

◇巻頭特集 BGC特集
◇ トラベル特集 イロコス・ノルテ
◇ドクター特集 フィリピンのドクター紹介
◇ビジネストークQuadX Inc./創業者兼CEO Dino Aranetaさん

フィリピン人やエキスパットのご友人との話題に是非!
ウェブ版はこちらから
http://primer.com.ph/back-issues/


広告掲載や配置場所の募集も行っております。
詳細は下記連絡先からお問い合わせください。

電話:02-808-2163
メール:[email protected]


★・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・☆・,。・:*:・゜'・,。・:*:'・★

7)【編集後記】

みなさん、こんにちは!編集のRieです。

今回はマカティの南側、高級住宅街のアラバンです!
プライマーの巻頭特集に登場するのは今回で3回目ですね。
最初の特集は2013年の8月号でした。
あれからたくさんの新しいお店がオープンしています。
特に、昨年完成したフェスティバルモールの新館。
川を囲むように建てられたモールにはたくさんのレストランや
マカティでもおなじみのデパート「Landmark」もあります。
昨年、同じアラバンのMolitoから移転してきた韓国料理の「ソガ・ミガ」
そして、週末のゴルフ帰りの方にはなじみのあるラーメン屋の
「博多一幸舎」。フェスティバルモールに限らず、新しいレストランを
ご紹介していますので、是非参考にしてください。

マカティやBGCからは遠いという印象のあるアラバンですが、
モール間を直行で行けるP2Pバスの登場で
随分と気軽に行けるようになりました。
P100と普通のバスより高いですが、その分車内は清潔で快適、
そしてスケジュール通りに出発するので使い勝手は良いです。
是非活用してみてください。

トラベルは約半年間の閉鎖期間を経て再オープンしたボラカイ。
閉鎖前と比べてボラカイはどのように変わったのでしょうか?
特集を読んでみてください!

いつもご愛読ありがとうございます。
それでは、また次号で会いましょう(*^^)v


(編集Rie)


広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

フリーペーパー

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel