ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 暮らしのガイド > フィリピンでのトライシクルの乗り方

フィリピンでのトライシクルの乗り方

近距離の移動に最適!バイクの横に人用の荷台をつけたフィリピン流バイクタクシー。 暑い日中や急な雨の際にはもちろん、歩行者用の道路があまり整備されていないフィリピンでは、大事な庶民の足の一つです。

こちらのページでは、そんなトライシクルの安全な乗り方についてご紹介します。

 
トライシクルの乗り方について

① 手を上げて、トライシクルを停めます。

走っているトライシクルは手を上げれば来てくれます。また、トライシクルのドライバーが溜まっている場所があれば、声をかければすぐに対応してくれます。

② 運転手と交渉

乗車前に「場所名〇〇 ポ」など、自分の行き先を通るかを運転手に確認するようにします。トライシクルの組合の取り決めで、運航できる範囲が決まっています。エンジンの付いてないペディキャブも同様です。

まめ知識①:乗る前に運賃はいくらか聞きましょう!
距離によって値段が上下してくるので、乗る前に「マッカーノ ポ(いくらですか?)」と聞いて確認しましょう。P10もあれば高いところではP50と幅があります。また、観光客の多い場所では、正規運賃からかなり高く請求されることもあります。一台貸し切りのスペシャルは2~3人分の別料金が発生、他の客との相乗りは安くなります。

③ トライシクルの乗車方法

「運転手の後ろに座る」か、「運転手の横に座る」かのどちらかです。運転手によっても異なりますが、最大4人まで乗車可能です。

まめ知識②:けっこう揺れます。
舗装されていないガタガタな道路が多いため、サイドカーに乗る際は天井に頭をぶつけないように気をつけましょう。また、運転手の後ろに乗る際は手すりにしっかりと捕まりましょう。

④ 降車時

目的地が近くなったら「パーラーポ!(降ります!)」と伝えましょう。走行中は雑音で聞こえない場合もあるので、手でオッケーサインをするなどの合図をして停めてもらいましょう。

⑤ 支払い

降車後、載る前に言われた料金を運転手に払います。お釣りはないことが多いので、事前に細かいお金を用意しなるべくお釣りがでないようにしましょう。

トライシクルの運転手は英語があまり得意でないことが多いです。時には、全てタガログ語で話されることもあります。その時は、ボディランゲージなども用いながらコミュニケーションを取ってみましょう。システムに慣れてくれば、日々の生活に大変便利なトライシクル。是非活用して、フィリピンライフを楽しんでください。

ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel