ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 暮らしのガイド > フィリピンでのタクシーの乗り方

フィリピンでのタクシーの乗り方

空港から街の中心へ、仕事で、買い物で。小回りのきくタクシーはマニラ市内の移動には特に重宝します。ただ、トラブルが多いのも事実。
こちらのページでは、フィリピンで安全にタクシーを利用する方法についてご紹介します。

 
1. タクシーの種類について
① クーポンタクシー
あらかじめ行き先ごとに運賃が決められていて、その運賃が記入されたチケット(クーポン)に基づいて料金を支払うシステムのタクシー。空港から出ているタクシーの中で1番安全。
青地に黄色文字で書かれた車体横のステッカーが特徴。
② イエロータクシー
明るい黄色の車体と、車体の屋根に「Taxi」の表示がついていないのが特徴。レギュラータクシーと比べて値段と質が高い。
料金:初乗り P70(300mにつきP4加算)
③ レギュラータクシー
地元の人が最もよく使うタクシー。白色の他にも、会社によって色が違う。
料金:初乗り P40(250mにつきP3.5加算)
2. タクシーの乗り方について

・ 空港でのタクシーの乗り方
→ 「クーポンタクシー」を使う

どのターミナルにも、到着口にクーポンタクシーのカウンターがあり、行き先を告げるとチケットを渡されます。運賃はエリアごとに決まっており、カウンターの背後にあるボードで確認できます。

<料金>
パサイP150〜、マカティP330〜、マラテP440〜、エルミタP530〜、ケソン・クバオP670〜
*安全のため、空港ではメータータクシーよりクーポンタクシーを使うことがおすすめです。

・ 街中でのタクシーの乗り方 → 「レギュラータクシー」を使う
レギュラータクシーと同じメーター制のイエロータクシーも走っていますが、レギュラータクシーのほうが圧倒的に数は多いです。レギュラータクシーはクーポンタクシーと異なり、始めに運転手と交渉をする必要があります。

【レギュラータクシーの乗り方】
① 日本と同様、手を挙げて合図します。
(注意事項)
フィリピンのタクシーは自動ドアではないので、自分でドアを開けましょう。
② 運転手との交渉
タクシーを停めたら、すぐに乗り込むのではなくまずは運転手に行き先を「場所名〇〇 ポ」などと伝え、その場所まで行ってくれるかどうか確認しましょう。 そして、メーターを使ってくれるかどうかを確認しましょう。
まめ知識①:交渉がよく起こる場面とその対策方法
夕方6時以降の渋滞になった時や雨が降った時、旅行者だと思われた時などは、運転手がメーターを使わずに料金を提示してくることがあります。対策としては、メーター料金プラスP30から交渉してみましょう。通常はメーター料金プラスP50前後で落ち着きます。
③ 乗車中
ドアを内側からロックする。(万が一に信号などで停車中に外から襲われることを防ぐため、乗車後は社内からドアをロックしましょう)
④ 降車時
メーターに表示された金額もしくは運転手と交渉した金額を支払います。(メトロマニラの場合、通常P10以下のお釣りは返ってきません。地方都市はきちんとお釣りを返してくれる傾向が強いです。)
まめ知識②:支払いに関して
高額紙幣で支払った場合、「おつりがない」と言われる時があります。タクシーに乗車する前に、細かいお金があるかどうかを確認しましょう。また、タクシーによってはレシート用紙がないこともあります。その場合、「日にち」「金額」「運転手のサイン」を紙に書いてもらえば領収書代わりとなります。
【少し高くても安全に乗りたい!という方にはコチラ】

「GrabTaxi」など通常のタクシーより少し料金は高くなるけれど、「安全」でさらに現在地に迎えにきてくれるサービスがあります。アプリから予約できるので、是非お試しください!

・Grab taxiを使ってみた(ブログ)
http://primer.ph/blog/genre/all/grabtaxi/

・Easy taxiを使ってみた(ブログ)
http://gkgk.info/philippines/4459/

フィリピンのタクシー代は他国に比べて非常に安いです。
すぐに 「ぼったくられた!」 などと考えず、「社会に奉仕できた」というような広い心を持つと、快適なフィリピン生活が送れると思います。

ページ上に戻る

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel