ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ショッピング情報 > BLANCO MUSEUM ブランコ美術館

BLANCO MUSEUM ブランコ美術館

アンゴノを代表する美術館。芸術家一家であるブランコ家の家族が幼少時から現在に至るまで描いた作品が展示されている。

広告
広告

アンゴノを代表する美術館。芸術家一家であるブランコ家の家族が幼少時から現在に至るまで描いた作品が展示されている。一人一人の作風は異なるが、主にフィリピンの生活風景を描いたものや、宗教的な絵画が多く描かれている。1Fはミュージアム、2Fにはスタジオ、チャペル、コンサートホールがある。希望すると、絵の書き方のセミナーやワークショップなど、マニラに来て教えてくれるなどのサービスもあるそうだ。

広告
広告

詳細情報

312 Ibanez St., Brgy. San Vincente, Angono Rizal
TEL: 02-651-0048/02-651-3230/0926-673-0805

営業時間 : 8時~12時/13時~17時
定休日 : 月曜
入場料: P100/シニア(60歳以上、ID必須)P70
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他、遊ぶ・買う情報

アンティポロの静かなビレッジの中にある現代アートを中心とした美術館。大型作品でも余裕をもって展示できる広いギャラリーが自慢で、作品をゆったりと鑑賞できる。
リザール公園の隣にある1901年創立の博物館。2つの建物があり、1つはNational Art Galleryと呼ばれ、ファン・ルナやフェリックス・レスレクシオン・ヒダルゴといったフィリピンを代表する芸術家の作品を数多く取り扱う。
フィリピン最古の教会であるサン・アグスティン教会に隣接する博物館で、宗教的な美術品の宝庫。
KAISA ANGELO KING HERITAGE CENTER内にある中華系フィリピン人の歴史資料館。
フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの記念館。リサールが実際に監禁されていたサンチャゴ要塞の建物を修復して作られた。
スペイン統治時代の上流階級の家を再現した博物館。1980年代にPlaza San Luis Complexという複合施設として建てられ、その外観は1850年にサン・ニコラス地方に存在したと言われる家をモデルに作られている。
レディース・カジュアルウエアのセレクトショップ。Soiはタイ語で「小道」。
ふかふかのソファーにゆったり身をまかせながら映画を楽しめるマニラで一押しの映画館。
ここフィリピンではなかなか見る事が出来ないミュージカルやパフォーマンス、またイベントを体験できるのが、ニューポート・パフォーミング・アート・シアター。
家族や友達と、食べて歌って楽しむならここ!! 日本の最新ヒット曲の充実振りが評判のファミリー・カラオケボックス。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel