ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ショッピング情報 > Sip & Gogh シップ&ゴー

Sip & Gogh シップ&ゴー

ワインを飲みながら絵を描く新感覚のお店で、「絵のスキルに関係なく、友達や家族と気軽にアートを楽しむ」がコンセプト。

広告
広告

ワインを飲みながら絵を描く新感覚のお店で、「絵のスキルに関係なく、友達や家族と気軽にアートを楽しむ」がコンセプト。 一つのセッションでキャンバス、絵の具、ブラシなどの道具、好みのドリンク一杯、アペタイザー一皿を受け取り、食べたり飲んだりしながら絵を描くことができる。 ドリンクやアペタイザーは追加オーダー(別料金)も可能で、ワインに限らずジュース、コーラ、コーヒーなど種類が豊富。 アクリル絵の具を使用しているので、飲食中でも匂いが気にならないのが嬉しい。 店名の「Gogh」は、画家のヴィンセント・ヴァン・ゴッホから。 好きな絵を自由に書くことが出来るオープンセッションと、決められた題材に従ってインストラクターが指導してくれるレギュラーセッションの2種類があり、いずれも3時間まで。完成した絵は持って帰ることが出来る。 満席になることが多いので、予約して席を確保した方がベター。

広告
広告

詳細情報

1F Capitol GreenStreet Capitol Hills Drive, Quezon City
TEL: 02-961-1248/0999-887-6190

営業時間 : 火~金曜 16時~20時/土・日曜 10時~13時、16時~20時
定休日 : 月曜
入場料: Regular Session P1,200、Open Session P1,000
www.sipandgogh.com
広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他、遊ぶ・買う情報

2008年オープン。単独で企画した展覧会だけでなく、他のギャラリー、美術館、アーティストグループとコラボレーションした展覧会も随時開催している。
1980年代創立の老舗ギャラリー。当初はSMメガモールとマカティのLaO Centerに2つの小規模なギャラリーを構えていたが、2008年に450㎡の広いスペースを備えた現在の場所に移転。
シンガポールにも支店を持つ現代アートギャラリー。東南アジア初の写真専門ギャラリーとして2004年にオープンした。
ギャラリーは吹き抜けの2階建て構造になっており、開放的な空間で作品を楽しめる。
2011年オープン。絵画、彫刻、写真、デジタルアートなど様々な種類のコンテンポラリーアートの作品を展示している。
BALAW-BALAWの3軒となりにあり、レストラン とアートミュージアムが併設されている。
アンゴノを代表する美術館。芸術家一家であるブランコ家の家族が幼少時から現在に至るまで描いた作品が展示されている。
1982年にアンゴノのレストラン付きミュージアムのはしりとしてオープンしたBALAW-BALAW。料理好きの芸術家夫婦が始めた。
アンティポロの静かなビレッジの中にある現代アートを中心とした美術館。大型作品でも余裕をもって展示できる広いギャラリーが自慢で、作品をゆったりと鑑賞できる。
リザール公園の隣にある1901年創立の博物館。2つの建物があり、1つはNational Art Galleryと呼ばれ、ファン・ルナやフェリックス・レスレクシオン・ヒダルゴといったフィリピンを代表する芸術家の作品を数多く取り扱う。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel