ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅する > Pawikan Conservation Center パウィカン・コンサベーション・センター

Pawikan Conservation Center パウィカン・コンサベーション・センター

【バタアン】原子力発電所のそばにある、ウミガメの保護区。雌のウミガメは卵を産むために海岸に戻る8月から2月がベストシーズンだ。ピークシーズンには、学生などが海岸を見回り卵の孵化を監視するボランティアとして活動している。

絶滅危惧種のヒメウミガメ

 

ウミガメの保護センター

 

原子力発電所のそばにある、ウミガメの保護区。雌のウミガメは卵を産むために海岸に戻る8月から2月がベストシーズンだ。ピークシーズンには、学生などが海岸を見回り卵の孵化を監視するボランティアとして活動している。

詳細情報

インフォメーション

住所k VI-Aplaya, Nagbalayong, Morong ,Bataan
電話: 0930-657-8531

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他・旅する情報

【バタアン】センター内には州観光局、展示ホール、視聴覚ルームを備え、地元の人々による印象的な手工芸品も扱っているので、思い出に残るお土産品も見つかる。
【バタアン】サマット山に立つ“戦時の勇気を讃える慰霊堂”は、、92メートルの巨大な十字架の他にもフィリピンの芸術作品を見ることができる。巨大な十字架の内部にはエレベーターがあり、頂上にはバターンを一望できる展望スペースがある。
【バタアン】発電所の建設は1976年にマルコス政権のプロジェクトとして始まり、1984年までに98%が完成。アキノ政権下で発電所を閉鎖することが決定し一度も稼働していない。
【コレヒドール】第2次世界大戦後にフィリピンとアメリカの友好の証として建設された記念公園。中央にあるのは腕を負傷したフィリピン兵とそのフィリピン兵に肩を貸すアメリカ兵の銅像で、この公園のシンボルとなっている。
【コレヒドール】有名なモダン彫刻家、アリスティデス氏がデザインした高さ12メートルのオブジェ。戦争当時の人々が、子孫のために自由を守ろうとしたことを記念している。また、この場所からは美しいバターン島やマニラ湾を望むことができる。
  
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel