ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅行・観光情報 > Pawikan Conservation Center パウィカン・コンサベーション・センター

Pawikan Conservation Center パウィカン・コンサベーション・センター

【バタアン】原子力発電所のそばにある、ウミガメの保護区。雌のウミガメは卵を産むために海岸に戻る8月から2月がベストシーズンだ。ピークシーズンには、学生などが海岸を見回り卵の孵化を監視するボランティアとして活動している。

広告
広告

絶滅危惧種のヒメウミガメ

 

ウミガメの保護センター

 

原子力発電所のそばにある、ウミガメの保護区。雌のウミガメは卵を産むために海岸に戻る8月から2月がベストシーズンだ。ピークシーズンには、学生などが海岸を見回り卵の孵化を監視するボランティアとして活動している。

広告
広告

詳細情報

インフォメーション

住所k VI-Aplaya, Nagbalayong, Morong ,Bataan
電話: 0930-657-8531

広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他・旅する情報

【バタアン】センター内には州観光局、展示ホール、視聴覚ルームを備え、地元の人々による印象的な手工芸品も扱っているので、思い出に残るお土産品も見つかる。
【バタアン】サマット山に立つ“戦時の勇気を讃える慰霊堂”は、、92メートルの巨大な十字架の他にもフィリピンの芸術作品を見ることができる。巨大な十字架の内部にはエレベーターがあり、頂上にはバターンを一望できる展望スペースがある。
【バタアン】発電所の建設は1976年にマルコス政権のプロジェクトとして始まり、1984年までに98%が完成。アキノ政権下で発電所を閉鎖することが決定し一度も稼働していない。
【コレヒドール】第2次世界大戦後にフィリピンとアメリカの友好の証として建設された記念公園。中央にあるのは腕を負傷したフィリピン兵とそのフィリピン兵に肩を貸すアメリカ兵の銅像で、この公園のシンボルとなっている。
【コレヒドール】有名なモダン彫刻家、アリスティデス氏がデザインした高さ12メートルのオブジェ。戦争当時の人々が、子孫のために自由を守ろうとしたことを記念している。また、この場所からは美しいバターン島やマニラ湾を望むことができる。
【コレヒドール】ゴルフコースやテニスコート、プールまで完備されていた島にあるアメリカ人兵のために造られた娯楽施設の一つ。現在は廃墟となっているが、実際に映画はマニラ市内で上映される1週間前には既に上映されていたそうだ。
【コレヒドール】戦時中の連合国軍最高司令官、マッカーサーが、コレヒドール島から魚雷艇で脱出した時に使用された波止場。この脱出は、日本軍からの攻撃を恐れルーズベルト大統領が命令した。マッカーサーはのちにオーストラリアで"I Shall return."と述べた。
【コレヒドール】故マニュアル・L・ルソンの写真や島のミニチュア模型、第2次世界大戦中の苦悩を描いた、リデオ・マリアノの絵画が展示されている。壁画は、フィリピンの歴史を1521年のマクタン島の戦いから、1986年のエドゥサ革命までが描かれている。
【コレヒドール】第2次世界大戦中、多くの日本人兵がこの島で命を落とした。広々とした整備された庭園には、慰霊碑や観音菩薩像が佇む。「昭和19年10月25日 戦艦武蔵乗員集結之地」の碑や、命を落とした者の名前が刻まれたプレート、そして大砲も残る。
【コレヒドール】島の上部に位置するため、トップサイド兵舎とも呼ばれる廃墟。この兵舎は長さが1マイルに満たないが、兵士が3回から歩く長さが全長5,280フィートに達するので1マイルに相当すると言われている。戦争の結果、現在は骨格のみが残っている。
  

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel