ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅行・観光情報 > Magpupungko Rock Pool マグププンコ・ロックプール

Magpupungko Rock Pool マグププンコ・ロックプール

【シアルガオ】シアルガオ島に行くときは、雄大な岩が織りなす景色とヤンバンケーブの洞窟だけでなく、マグププンコ・ロックプールにも是非訪れたい。ここは、ピラール市街から離れたビーチ沿いにある天然のロックプールだ。

広告
広告

天然プールでひと泳ぎ

 

そこまで透き通る

 

サンゴで足を切らないように

 

シアルガオ島に行くときは、雄大な岩が織りなす景色とヤンバンケーブの洞窟だけでなく、マグププンコ・ロックプールにも是非訪れたい。ここは、ピラール市街から離れたビーチ沿いにある天然のロックプールだ。

マグププンコは、ビサヤ語で「座る」という意味のpungkoがその名の由来。平たい小さな岩の上に、円形の巨大な岩が乗っている風景は、まさに地球が「座っている」かのよう。

屋台やレストランが並ぶ道をしばらく行くと、壮大なマグププンコと、ターコイズブルーの水を湛えた深長約3.7メートルのロックプールが見えてくる。壮大な岩群は海に面し、大きな波が押し寄せる絶景も楽しめる。雄大な自然を背景に思い出の一枚を撮影してみよう!

料金:マグププンコ・ロックプールはアイランド・ホッピングのツアーで訪れる。ツアー料金の目安は50ペソ程度。

広告
広告

詳細情報

インフォメーション

所在地:Pilar, Siargao, Surigao del Norte
料金:マグププンコ・ロックプールはアイランド・ホッピングのツアーで訪れる。ツアー料金の目安は50ペソ程度。

広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他・旅する情報

ステーション1にたたずむディスカバリー・ショアーズ。フィリピンで人気の建築家が手掛けた、白を基調としたスタイリッシュなデザイン。
3種類のホテルを有するこちら。おススメは断然Splash Suites HotelとSplash Oasis Resort and Hotel。Splash Suites HotelのStandard Suite roomには部屋の中に温泉がつく。
10個もの温泉プールを保有するこちらのリゾート。温度は40~49度に保たれおり日本人にも十分な熱さ。広々としたリゾート内のホテルはコテージのようになっており静かで落ち着いた空間。
山の上にあり、空気が綺麗で眺めが良いハイエンドなホテル。大きな温泉プールを有する。この温泉は24時間利用可能で、マッサージスパも完備。
【アンティポロ】こちらは、フィリピンでは知る人ぞ知る人気のゴルフクラブ。通常9ホール、または18ホールが一般的ですが、ここのホールは全部で21ホールある。また、ここのコースはすっきりと見晴らしがよいことで有名で、晴れた日にはマニラ首都圏が一望できるほど。
【アンティポロ】アンティポロの秘境、様々なフォーメーションの石灰岩を見ることができる穴場スポット。洞窟の中はとても広く神秘的な空間が広がり、“癒しの水”と呼ばれる湧き水もわいている。洞窟発見にまつわるストーリーも興味深い。
【ラグナ】ラグナ州アラミノスにあるヒドゥン・バレー・スプリングスは、知る人ぞ知る天然プールのあるリゾート。バナハオ山とマキリング山の合間の渓谷に位置するこの場所は、“大自然の楽園”という言葉がぴったりだ。
【サンタローサ】ジップラインに、3.4kmのバイクトレイル。中でも人気なのは、ローラーコースター・ジップライン。たったのP190でアジア最大級のジップラインを楽しめる。ちょっと怖い。。っていうあなたは、短いジップライン(P150)を試してみて。
【サンタローサ】ここでのおすすめは、ピクニック広場。湖の景色を芝生の上でのんびり楽しむ事ができる。広場ではトレーニングをしている人、や早朝ジョギングが終わって休憩している人も。無料で開放されているので、ショッピングの合間に訪れてみて。
【サンタローサ】緑豊かな自然溢れる施設。乗馬やカラバオに乗って施設を一周できる。その大きさは2ヘクタールを有する。ボートに乗れたり、アスレチックや釣りもできる。
  

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel