ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 旅行・観光情報 > The Philippine Eagle Center フィリピン・イーグル・センター

The Philippine Eagle Center フィリピン・イーグル・センター

フィリピンのガイドブックに必ずと言っていいほど登場している国鳥「フィリピン・イーグル」。

広告
広告

フィリピンのガイドブックに必ずと言っていいほど登場している国鳥「フィリピン・イーグル」。
翼を広げた全長は2mにも及び、世界最大。
鋭いくちばしと爪を用い、猿を食べることもあるとか。
かつてはミンダナオ島の熱帯雨林に数多く生息していましたが、現在は森林伐採が原因で生息数も激減。
絶滅危惧種の一種として数えられています。
そんな貴重な鷲をダバオ市街地から車で約1時間半の場所で見ることができます。
自然の熱帯森林を利用した施設内には13羽のフィリピン・イーグルが生息、人工授精などの保護活動が行われています。
他にも多種のふくろう、ワニ等も保護されており、さながら小さな動物園のよう。
お子様と一緒に訪れ、環境問題について親子で話すきっかけとしても良いですね。

広告
広告

詳細情報

インフォメーション

入場料:大人P55/子供P33(18歳以下) 営業時間 : 8時~17時 定休日 : 不定休

お問い合わせ

住所 : Malagos, Baguio District, Davao City TEL : 082-271-2337 FAX: 082-301-1033 E-mail:[email protected] URL : http://www.philippineeagle.org

広告

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他・旅する情報

アポ山とダバオ湾を見下ろすマルコ・ポーロ・ダバオは、旅行業界関係者が口をそろえて推薦するダバオの代表的なホテル。
空港から市街へ向かう途中にある、静かでゆったりとすごせるリゾート。
世界中にファンを持つパール・ファ-ム・ビーチ・リゾートは、ダバオ市内の港からボートで約40分離れたサマール島に位置します。
ゆったりした時間の流れるイロコス州、スローな雰囲気とはうってかわり、もう一つの意外な楽しみ方があるのをご存知ですか?
フィリピンの伝統的な料理、エンパナーダ。
ラワグからバグプッドへ向かう国道沿いに、塩作りの街PASUQUIN(パスキン)があります。
国道から1.5kmほど山奥にある、滝の名所。滝までは歩いて約40分。
ほのかな甘みがあり、やわらかい果肉はついつい何個も手を伸ばしてしまいそう。
夕暮れの浜辺に浮かび上がるリゾートの灯りが、旅人の心を和ませます。
左上:中庭に掛かった橋を渡ると、1軒ごとのプライベートヴィラ。 右上:ロビーはゆったりとくつろげる空間で、お土産物屋さんもあります。 右下:デラックスキングルームは、天蓋付きのゴージャス空間が広がります。 あかね色から藍 […]
  

旅する

エリア

ホテル

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel