ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > マニラの国立博物館、入館料が恒久無料に!

マニラの国立博物館、入館料が恒久無料に!
2016年07月08日更新
広告
広告

マニラの国立博物館では今年7月1日より、入館料が恒久無料となりました!

近年、各地の博物館で行われているイベントにより、多くの人が歴史や遺産に興味を持つようになっております。

国立博物館は、入館料を無料にし、さらに多くの人を博物館に呼び込みたい、としています。

 

 

(写真)国立博物館は、2016年7月1日より一般入館料を無料にすると発表しました。

画像出典:National Museum of the Philippines Official Facebook page

 

 

6月30日に更新された、国立博物館の公式フェイスブックでは以下のように発表しています。

“さらに多くの人(特に若者に)博物館を訪れてほしい。

国立博物館の評議員会によって、一般入館料の無料政策が確立され、2016年7月1日より実施されます。”

 

(写真)国立博物館の、最も貴重な所蔵作品:フィリピン人画家、フアン・ルナの、Spolariumが、あなたをお出迎えします。

 

 

2013年より博物館では、2月の美術月間、5月の国家遺産月間、10月の国立博物館、美術館月間などの期間に入館無料を行っており、この時は入館者がとても増えたそうです。 

国立博物館の入館料は、大人150ペソ、高齢者120ペソ、学生50ペソでした。

 

マニラの国立博物館だけでなく、以下の地方でも入館料は無料です。

 

Angono, Rizal(リサール、アンゴノ);

Vigan City, Ilocos Sur(南イロコス、ビガン);

Kabayan, Benguet(ベンゲット、カバヤン);

Kiangan, Ifugao(イフガオ、キアンガン);

Masingal, Ilocos Sur(南イロコス、マシンガル);

Quezon, Palawan(パラワン、ケソン);

Doongan, Butuan(ブトゥアン、ドゥンガン);

Tabaco, Albay(アルバイ、タバコ);

Cebu City(セブ) (現在、改装中につき閉館);

Fort Pilar, Zamboanga City(サンボアンガ、フォート・パイラー);

Boac, Marinduque(マリンドゥケ、ボアク);

Jolo, Sulu(スールー、ホロ)

 

 

【国立博物館】

住所: Padre Burgos Dr., Rizal Park, Manila.

開館日:火曜日から日曜日

開館時間 :午前10時から午後5時

 

情報サイト:National Museum of the Philippines Official Facebook page, Rappler, CNN Philippines, GMA News Online, MB.com.ph

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2016年07月08日

7月7日(木)と8日(金)の2日間、全日本空輸(以下ANA)はニノイ・アキノ国際空港ターミナル3で恒例の七夕イベントを開催中。成田行き(NH820便)が運航する7:30~9:30、羽田行き(NH870便)が運航する12:35~14:35に行われます。

2016年07月07日

マカティシティのパソンタモ通り沿いに、新しくオープンしたレストランMess Hall(メス・ホール)。主に、フィリピン料理を提供しています。

2016年07月07日

海外生活で、まず知っておきたいのがその国や街のルール。知らないでいると、思いがけないことが法に触れてしまうこともあります。国で定められている法令はもちろんのこと、各市町村にもそのコミュニティーを安全にかつ平和に保てるように定めた“条例”が存在します。では、メトロマニラにはどんな条例があるのでしょうか? 

2016年07月05日

マカティにあるBitmarketには、フィリピン初、スカイフック社のビットコイン自販機(ATM)があります。ビットコインは世界中で使われている“仮想通貨”ですが、一体どういうものなのかご存知でしょうか?

2016年07月04日

7月4日(月)、フィリピン大統領府より、7月6日(水)を祝日にするとの発表がありました。今回の祝日は、イスラム教の祝日である、Eid al-Fitr (イード・アル=フィトル)を全国民で祝う意図であるとのこと。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー