ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > IMF、ABDともにフィリピンの経済成長率を上方修正

IMF、ABDともにフィリピンの経済成長率を上方修正
2016年10月03日更新
広告
広告

 

IMF(国際通貨基金)とマニラに本部を置くABD(アジア開発銀行)は、確実な基礎経済と世界経済の回復を背景に、今年度と来年度の経済成長率予測を上方修正しました。 

 

(写真)フィリピンの経済は回復へ。 画像出典:Wikipedia

 

 

IMFは、先の924日に発表した プレスリリースで、経済成長率を、2016年は、6%から6.4%へ、2017年は、6.2%から6.7%へと上方修正し、次のように述べました。

“外国からの逆風はあるものの、フィリピン経済の見通しは良好だ。”

修正の基準となったのは、継続的で着実な経済需要と、緩やかな輸出の回復。IMFはまた、失業率の低下も予測し、2016年は5.9%、2017年は、5.7%と見込んでいます。

インフレ率は、フィリピン中央銀行(BSP)が目標としている数値内に回復することが期待されているそうです。

一方ADBは、2016年 アジア開発の見通しを更新。 確実な国内需要と、見通しの良いマクロ経済によってもたらされた着実な経済基盤を挙げ、経済成長率を、2016年は6%から6.4%へ、2017年は、6.1%から6.2%へと修正しました。 

ADBはまた、ドゥテルテ政権のインフラ事業増大計画に伴う支出も、経済成長率引き上げに貢献したとしています。

さらにドゥテルテ大統領の、貿易相手国のリーダーらに対する問題発言、現在話題になっている麻薬撲滅戦争については、フィリピンに対する投資意欲に影響しなかった、としています。

 

 

参照: CNN Philippines, The Philippine Star, Inquirer.net

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2016年10月01日

本日10月1日(土)と2(日)の2日間、グロリエッタ3のアクティビティセンターで日本政府観光局(JNTO)が主催の訪日旅行促進イベント、ジャパン・トラベル・フェスティバルが開催中。

2016年09月30日

千葉県出身シンガーソングライター、ピコ太郎さんが軽快なリズムで踊る動画は英語で配信されたこともありYouTubeで900万回以上再生されています。フィリピンでも多くの人がパロディーをFacebookやYouTubeにアップし大きな話題になっています。

2016年09月30日

パラニャーケ市では、10月1日土曜日より、UVRP(United Vehicle Volume Reduction)と呼ばれる、車両の削減プログラムを再開します。このプログラムは、車のナンバープレートの末尾番号により「一定の曜日は走ってはいけない」という交通規則なので、“ナンバーコーディング”とも呼ばれています。

2016年09月30日

今年で第10回を迎えるマニラオートサロンは、自動車パーツ産業の大手メーカー、代理店、販売業者らが集まる、年に1度のイベントです。愛好家が多額の費用を掛けて改造した乗用車やトラックが展示され、フィリピン国内最高のカスタマカーやスポーツトラックを見ることが出来ます。

2016年09月29日

いつもプライマーをご愛読ありがとうございます。
前号のプライマーVol.102でのバナウエ特集では、多くの方々に反響頂きました。
そこで、お知らせがあります。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー