ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピンで8月からスタート 緊急ダイヤル911&苦情ダイヤル8888

フィリピンで8月からスタート 緊急ダイヤル911&苦情ダイヤル8888
2016年07月20日更新
広告
広告

日本では当然のように誰もが知っている、全国共通の緊急通報用電話番号の110番と119番。

フィリピンでは、緊急事態が発生した場合は最寄りの警察に連絡するのが一般的でした。

しかし政府関係者、マーティン・アンダナー氏によると、フィリピン全土で緊急通報用電話番号が、今年8月より24時間体制で利用可能になるそうです!

 

 

(写真)全国で使える緊急時の直通ダイヤル。 もしもの時に、覚えておきたい。 画像出典: Pilipinas 911

 

 

8888番は市民の苦情に対応する電話番号、911番は緊急時用の電話番号です。

 

政府の緊急対応チーム(救急車、消防、救助隊、警察)と直結しているので、短時間かつ効果的に緊急事態に対応することが出来ます。

 

この緊急通報用電話サービスが最初に実施されたのは、ダバオ市。ドゥテルテ大統領が市長を務めた市です。

以前から、大統領はこれを全国に広めたいとしていました。

 

それに伴い最新の技術と設備を備えた、緊急司令部(総額1.76億ペソに相当)がマニラに開設されました。

これは、マニラ副市長モレノ氏のアイディアです。司令部はマニラ市役所の4階に位置し、90のレスキューチームに仕事を分配。災害、救急医療、犯罪現場への出動をサポートします。

司令部は、最も近くにいる緊急救援隊を医療緊急現場(火災、心臓発作や溺水などの負傷者)に派遣します。  

この緊急対応システムは、ダバオ市でその効果を実証済み。

ダバオ市は、世界で最も安全な都市、第4位にランキング。

www.sunstar.com.ph/davao/local-news/2015/06/23/davao-now-4th-safest-city-414856

また、東アジアと東南アジアの中でも7年間、最も平和な街として知られています。

今こそ、全国規模に拡大すべき時期が訪れています。

 

緊急通報用電話サービス。フィリピンでは、今後大きな期待が寄せられています。

 

 

参考サイト: Rappler, Inquirer, Business Mirror, Manila Bulletin, Sunstar

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2016年07月19日

「半年で犯罪撲滅」を掲げる、ドゥテルテ政権がスタートして約2週間。ドゥテルテ政権の最初の15日間、主だった活躍のまとめ後編です。

2016年07月18日

マニラ・ハポンズ10周年記念大会が7月17日(日)、Eagles Southern Plainsにて開催されました。大会には50名ほどが参加。中には、現在はフィリピン以外の国にいる、ハポンズOBの方もこの日のために開場に駆けつけていました。ハポンズは2006年から活動をスタート。現在は70名ほどが登録されています。

2016年07月18日

フィリピンでは、ドゥテルテ政権がスタートして約2週間(大統領の任期は6年)。6月30日の就任演説から、早いものではたった2日で社会、経済的に変化を見ることが出来ました。ドゥテルテ政権による進歩がいたるところで見られていますが、公約の、「半年で犯罪撲滅」は果たして可能なのでしょうか?ドゥテルテ政権の、最初の15日間。 主だった活躍をまとめてみました。

2016年07月17日

7月16日(土)駐在員で結成されたバンド・マニラエクスプレスによる「ライブ&ディナー@ユニカセ」がユニカセレストランで実施。営業を開始してから6年目となるユニカセですが、当イベントは営業1年目の頃から定期的に行われ、今回でもう10回目。マニラエクスプレスはマニラに住む日本人で結成されたバンド。メンバーを入れ替えながら14年間活動を続けてきました。 11月には、恒例となっているチャリティーコンサートを開催予定。どんなパフォーマンスが見られるか、今から楽しみですね♪

2016年07月16日

新政府は、より良いインターネット接続環境を目指すために フィリピン最大の電気通信企業、PLDTに談話。今後100日以内に、21の主要交通機関に無料Wi-Fiスポットを設置すると発表しました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー