ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピン最大のインディーズ映画祭 第13回シネマラヤ映画祭開催

フィリピン最大のインディーズ映画祭 第13回シネマラヤ映画祭開催
2017年07月19日更新
広告
広告

シネマラヤとは、毎年開催されているフィリピン最大のインディーズ映画祭。フィリピン文化センターが、シネマラヤ基金と協力して開催し、今年で第13回を迎えます。

期間は、8月4日から13日まで、会場は、フィリピン文化センターや映画館など様々な場所で行われます。

 

(写真)フィリピン文化センターの副会長で美術監督のクリス・ミルラド氏。 2017年シネマラヤのプレスコンフェランスにて。

 

今年のテーマは、See the Big Picture, - 全体像を見る。映画祭では、以下の9本の映画をノーカットで上映します。

 

AngGuro Kong Di MarunongMagbasa (My Teacher Who Doesn’t Know How To Read) by Perry Escaño;

AngPamilyang Hindi Lumuluha (The family That Doesn’t Weep) by Mes de Guzman;

Baconaua by Joseph Israel Laban;

Bagahe (The Baggage) by Zig Dulay;

Nabubulok (The Decaying) by Sonny Calvento;

KikoBoksingero by ThopNazareno;

Requited by Nerissa Picadizo;

Respeto by TrebMonteras II;

Sa GabingNanahimikangmgaKuliglig by Iar Lionel Benjamin Arondaing.

 

(写真)上映される映画9作

 

短編映画では、シネマラヤの歴史上初めて、12の作品が賞を競い合います。(通常は10作品)

 

Aliens Ata (Maybe Aliens) by Karl Glenn Barit;

Bawod (Bent) by TM Malones;

Fatima Marie Torres and the Invasion of Space Shuttle Pinas 25 by Carlo Francisco Manatad;

Hilom (Still) by P.R. Patindol;

Islabodan (Free Men) by Juan Carlo Tarobal;

Juana and the Sacred Shores by Antonne Santiago;

Lola Loleng (Grandma Loleng) by Jean Cheryl Tagyamon;

Manong ng Pa-aling (Man of Pa-Aling) by E del Mundo;

Maria by Jaime Habac Jr.;

Nakauwi Na by Marvin Cabangunay and JaynusOlaivar;

Nakaw by Arvin Belarmino and Noel Escondo;

Sorry For The Inconvenience by Carl Adrian Chavez.

 

(写真)短編映画、12作品

 

カテゴリーは以下の通り:

ドキュメンタリー(Panoptika, the documentary section)

フェスティバルズ・ベスト(Festivals Best)

インディー・ネイション(Indie Nation)

アジア・ショーケース(Asian Showcase)

 

他に、屋外上映(Outdoor screening)や、ベスト・アニメーション(Animahenasyon)、そして、シネマラヤ・インスティチュート・ショーケース(Cinemalaya Institute showcase)があります。

映画祭の見どころは他にもあります。伝説の女優、ロリータ・ロドリゲス氏を追想し、展示、および、彼女が出演した、リノ・ブロッカ監督の以下の作品を上演します。 

 

TinimbangKaNgunitKulang (1974)

Ina, Kapatid, Anak (1979)

Mel Chionglo’s Lucia (1992)

 

(写真)短編映画の監督たち

 

今年は、定評のあった監督、ギル・ポルト氏に敬意を称え、彼の傑作3本を特別上映します。

 

Mulanay (1996),

Two Funerals (2010),

MgaMuntingTinig (2002).

 

彼は優秀な映画を残し、今年5月に亡くなりました。そのうち3作品“Saranggola,” “GatassaDibdib ng Kaaway,” “MgaMuntingTinig”は、正式に、アメリカのアカデミー賞、外国語映画部門にエントリーしました。また、彼の最後の作品の一つ、“AngHapis at HimagsikniHermano Puli,”は、昨年のシネマラヤ映画祭において、トリを飾った作品です。

The 29th Gawad CCP Para saAlternatibongPelikula at Video(第29回フィリピン文化センター インディ映画&ビデオ コンテスト)は、アジア地区で、最も長く続いている自主映画のコンテスト。様々なカテゴリー(短編、実験映画、ドキュメンタリー、アニメ)で競い合う映画から、優れた作品を見つけることが出来ます。選ばれた作品は、フィリピン文化センターにて、8月5日から7日まで上映されます。

 

(写真)長編映画の監督たち

 

シネマラヤ・キャンパス(最新のシネマ技術の講義 - シネマラヤの主な活動の一つ)が、映画祭期間中、フィリピン文化センターのリトル・シアターで行われます。シネマラヤの授賞式は、8月13日、フィリピン文化センターのメイン・シアター(CCP TanghalangNicanorAbelardo)で行われます。

シネマラヤについての詳細は、以下のサイトをご覧ください。

 

www.cinemalaya.org , www.culturalcenter.gov.ph または、シネマラヤのフェイスブックページ

お電話にてお問い合わせの方は下記へ

CCP Media Arts 832-1125 local 1704-1705

CCP Box Office 832-3704

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Ami
「自己紹介」   ファッション、洋楽ロック、
洋画が大好きです!
初めてマニラに上陸しました。

広告
広告

その他の記事

2017年07月18日

中国の四大祭りの1つ、中秋節になくてはならない菓子と言えば月餅。マニラでは現在様々なスタイルの月餅を購入することができますが、昔ながらの伝統的な味を受け継いでいる月餅が買える店はまだまだ希少。マニラのマルコ・ポーロ・オルティガスにあるレストランLungHinでは、香港から直送した伝統的な月餅を取り扱っています。中秋節に合わせて手土産に便利な4個入りギフトセットはP2,288、6個入りはP3,388、7月15日から8月31日まで5箱購入で15%引きになるキャンペーンも開催しています。

2017年07月18日

マニラのCity of Dreamsにあるプレゴーは、本格的なイタリア料理が食べられると話題のレストラン。またイタリア産ワインを豊富に揃えていることでも有名で、イタリアンワインの聖地サン・ファビアーノ農場から取り寄せたワインを始め、高級ワインをリーズナブルな価格で提供しています。そんなプレゴでは、高級ワインも気軽に試飲できるテースティングキャンペーンを実施しています。

2017年07月17日

Ayala Landは、The Flats Amorsoloを通してマカティにおける「共生」のコンセプトを打ち出しています。15階建の建物は、若いオフィスワーカーの居住のために設計予定。4人用の部屋が全196室作られます。

2017年07月17日

大統領令No.26、フィリピン全土禁煙。この実施日について、保健省は、7月22日から施行すると発表しました。

2017年07月14日

フィリピン運輸省は2018年の第二四半期までにミンダナオ島に鉄道を建設する予定であることが報じられました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー