ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 日本のおやつとフィリピンのおやつは意外と似てる!?

日本のおやつとフィリピンのおやつは意外と似てる!?
2015年08月25日更新
広告
広告

フィリピンにいると、日本のおやつが恋しくなることはありませんか?
いざスーパーに行ってみてもなかなか見つからず、置いてあったとしても日本製品はどれも値段が高い!

しかしフィリピンはスイーツ王国。
日本でお馴染みのスイーツとよく似たスイーツがフィリピンにもあるんです。

多少の違いはあるけれど、日本のおやつが食べたくなったら、このフィリピンスイーツを食べれば満足できるかも?
今回はそんな5種類のスイーツを両国比較してご紹介します。

1、串団子とカリオカ

(写真) 三色串団子と、一見フィッシュボールのようなカリオカ。

どちらももっちりとした食感が人気のお菓子。串団子には三色やみたらしなどがありますが、カリオカはもち米の串団子にカラメルをかけたもの。外はかりっとして中はもちっとしています。露店で良く見かけるとてもポピュラーなローカルフードです。

2、わらび餅とエスパソル

(写真)わらび餅と長細いココナッツ風味のエスパソル。

もちっとした食感と、サラッと口の中で溶けていく感覚がくせになるわらび餅。フィリピンのお菓子でこれとよく似ているのが、エスパソル。わらび餅はきな粉をまぶすのに対し、エスパソルは煎った米粉をまぶしてあります。ココナッツたっぷりでとても風味豊かな味わいです。

3、プリンとレチェフラン

(写真)甘くて大人気。プリンとレチェフラン

言わずと知れた日本の大人気おやつ、プリン。フィリピンのプリン、レチェフランは日本のプリンとは違って楕円形をしていて、とにかく甘い!甘党大絶賛のスイーツです。

4、かき氷とハロハロ

(写真) かき氷とハロハロ。どちらも暑い夏には欠かせない。

日本ではかき氷にシロップや練乳をかけますが、ハロハロはフルーツやタピオカ、ナタデココにレチェフラン、さらにウベ、アイスクリームなどたくさんのトッピングを乗せ、それを全部混ぜて食べます。ちなみに「ハロ」とはタガログ語で「混ざる」という意味。ハロハロと続けて言うことで「混ぜこぜにする」という意味になります。

5、カステラとマモン

(写真) シンプルだけどずっと愛され続けている、カステラとマモン

日本で古くから親しまれているスポンジ洋菓子、カステラ。フィリピンのスポンジのお菓子といえばマモンが有名です。シフォンケーキの様なふわふわっとした軽い食感で、子供達にも大人気。


国は違えど、甘いお菓子を愛する気持ちは同じ。
形や食感などの違いを楽しみながら、フィリピンと日本、どちらのお菓子も楽しみたいですね!

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 California MAKIsan
「自己紹介」   フィリピン料理がほんま美味しすぎて
つい食べ過ぎてまうねん~。
こぶしパワーでフィリピン奮闘中。

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2015年08月25日

プライマー90号(9月号)が本日発行されました!お待たせしました!!
今回も情報が充実!今月号の内容をご紹介します。

2015年08月24日

本格的な雨季に入っているマニラ。この時期に多くなる洪水により、W.I.L.D.(水媒介疾患、インフルエンザ、レプトスピラ症、デング熱)が発生しやすくなるので注意が必要です。

2015年08月22日

スタディ・インターナショナルグループが留学フェアをマニラ、セブ、ダバオで開催します。今回はイギリス、オーストラリア、カナダ、シンガポール、マレーシアの教育機関が参加予定です。

2015年08月22日

プライマー5月号(Vol.86)のサルセド特集でも取り上げたレストラン、SABAO(サバオ)がレイニーシーズンに合わせて、スープメニューを全て一新!

2015年08月20日

マニラ・メトロポリタン美術館で、The International Festival of Extraordinary Textiles(FITE)が開催中。織物アーティスト達の作品が9月12日まで展示される。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー