ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 雨季に発生する病気に万全の対策を

雨季に発生する病気に万全の対策を
2015年08月24日更新

本格的な雨季に入っているマニラ。

投棄されたゴミによって排水溝が塞がれ、道路が冠水してしまう恐れが高まっています。
この時期の洪水は、W.I.L.D.(Water-borne infectious diseases, Influenza, Leptospirosis and Dengue・水媒介疾患、インフルエンザ、レプトスピラ症、デング熱)が発生する原因になるので注意が必要です。

W.I.L.Dには以下のようなものがあります。

【コレラ】
激しい下痢から脱水症状を起こし死に至ることも。
経口感染で、不衛生な食材や調理環境が主な原因となります。

【A型肝炎】
食欲不振、吐き気、嘔吐や倦怠感などの風邪と同様の症状が現れます。
感染力が非常に強く、しばしば集団感染を引き起こします。

【サルモネラ感染症】
悪寒、嘔吐、腹痛、高熱が続き、重篤な合併症を起こすこともあります。
小児や高齢者はわずかな菌量でも感染しやすく、特に注意が必要です。

【インフルエンザ】
ウイルスは鼻や口から入り、高熱、悪寒の症状が現れ、悪化すると肺炎などを合併して引き起こす可能性大。

【レプトスピラ症】
レプトスピラ菌を持つ動物の糞尿で汚染された水が、皮膚に付着して感染します。
症状は発熱、頭痛、筋痛、嘔吐や目の充血など。

【デング熱】
蚊によって媒介され、最悪死に至るケースもあります。
頭痛や筋肉、関節の痛み、腹痛や下痢が主な症状です。

(写真)雨季の間はW.I.L.D.に対する健康管理を万全に

そんなW.I.L.D.から身を守るための主な予防法は以下の7点。

1. インフルエンザとA型肝炎の予防接種を受ける。
2. 突然の降雨に備えて、常に雨具を携帯する。
3. 風邪の症状がある人には近づかず、マスクなどで防御。アルコールなどの除菌グッズもあると◎。
4. ペットボトルウォーターなどのキレイな飲料水を飲む。
5. 食品は信頼できるお店で購入し、路上にある屋台は避ける。
6. 淀んだ水が住居に溜まっていたら捨てる。常に周囲の環境を清潔に!
7. ビタミン類を摂って免疫力UP。

ちょっとした心がけで、病気にかかる危険を減らすことができます。

(写真)こんな状態になる前にしっかり予防

自分は大丈夫という油断は禁物です。
一般的にマニラの雨季は10月ころまでと言われています。
病気の予防に気を配りつつ、雨季を元気に乗り切りましょう!

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 California MAKIsan
「自己紹介」   フィリピン料理がほんま美味しすぎて
つい食べ過ぎてまうねん~。
こぶしパワーでフィリピン奮闘中。

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2015年08月22日

スタディ・インターナショナルグループが留学フェアをマニラ、セブ、ダバオで開催します。今回はイギリス、オーストラリア、カナダ、シンガポール、マレーシアの教育機関が参加予定です。

2015年08月22日

プライマー5月号(Vol.86)のサルセド特集でも取り上げたレストラン、SABAO(サバオ)がレイニーシーズンに合わせて、スープメニューを全て一新!

2015年08月20日

マニラ・メトロポリタン美術館で、The International Festival of Extraordinary Textiles(FITE)が開催中。織物アーティスト達の作品が9月12日まで展示される。

2015年08月19日

Mall of Asia内の南側にあるエンターテインメントモールの1階に昨年オープンしたこちら。宇宙のことを体験型で学べる、エクスプロレウムが全館リニューアル!

2015年08月18日

「株式会社マリモ」が8月3日、レンタルオフィス「Marimo Serviced Office」をBGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)にオープン。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー