ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【グロッサリー最新情報】首都圏マニラでオープンしている食材店をご紹介します

【グロッサリー最新情報】首都圏マニラでオープンしている食材店をご紹介します
2020年03月28日更新

新型コロナウイルスの拡大をうけ、首都圏マニラなどでは外出の規制が続いています。そこで今回は日本食材などを多く扱うグロッサリー店をご紹介いたします!

3月28日の午前中、フィリピンプライマーは日本食材を多く扱う下記の5つのグロッサリーを取材してきました!


1)Seikyo(セイキョー)

 

2)New Hatchin - Japanese Grocery (ニュー・はっちん日本食材専門店)

 

3)TPE( 台湾グロッサリー ティー・ピー・イー)

 

4)TEPPEN(テッペン)

 

5)山崎


まずは最新の動画をご覧ください!


ぜひ上記の動画や下記の詳細を参考にして、お買い物にお役立てください♪

 

1)Seikyo(セイキョー )

便利な立地に加え、リーズナブルな値段で知られる食材店。現在は10時30分から20時まで営業しています。



3月28日にフィリピンプライマーが取材した際は、日本人男性のお客さんが多く買い物をしていました。カップ麺や調味料、お菓子、飲み物などを購入されている方が多いようです。



★お店の詳細はこちら

 

2)New Hatchin - Japanese Grocery (ニュー・はっちん日本食材専門店)

マカティ店は8時~17時から営業しています。カルティマール、マビニ店は現在クローズ中です。

 


★お店の詳細はこちら

 

3)TPE( 台湾グロッサリー ティー・ピー・イー)

マカティメディカルから徒歩2分、日本人に嬉しい商品がばっちり揃う台湾グロッサリー。現在の営業時間は10時〜19時まで。3月28日にフィリピンプライマーが訪問した際は、あまり混雑していませんでした。カップ麺、肉類の品が少なくなっていたのが気になりました。

P100前後でお弁当なども販売しています♪


★お店の詳細はこちら

 

4)Teppen (てっぺん)

日本と韓国の商品が豊富な食品・日用雑貨店。現在の営業は8時から19時までです。3月28日にフィリピンプライマーが取材した際は、肉類の品揃えが少ない点が気になりました。野菜は新鮮なものが多く揃っていました!


★お店の詳細はこちら


5)山崎

 

1998年の創業から日本人に親しまれてきた日本食レストラン・日本食材店。現在の営業は11時から18時まで。レストランは11時から17時まで営業しています。

★お店の詳細はこちら


※3月28日午前中時点での情報です。随時情報の更新につとめてまいります。

 

ページ上に戻る

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年03月17日

INNOVA
LOVING EVERY MOMENT

2020年03月02日

The All-New XL7

2020年02月24日

ネットセキュリティに不安はありませんか?

2020年02月01日

【ケソン】2015年に設立されたヨーロッパの食材を扱う卸売業者。フィリピンのホテルやリゾート、航空会社など幅広い業界に食材を提供する。

2020年01月01日

日本でホテルや不動産事業を手掛けるcotohaがフィリピンのボニファシオで2019年からオフィスサービスを開業。cotohaは2018年にCotoha Real Estate Philippinesを設立。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー