ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】第1四半期の財政赤字は1,554億円、新型コロナウイルスの影響で3月は大幅赤字

【JETROフィリピンから】第1四半期の財政赤字は1,554億円、新型コロナウイルスの影響で3月は大幅赤字
2020年05月15日更新
広告
広告

JETROフィリピンは15日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。フィリピン財務省財務局(BTr)の発表についてです。

第1四半期の財政赤字は1,554億円、新型コロナウイルスの影響で3月は大幅赤字

 


フィリピン財務省財務局(BTr)は5月11日、2020年第1四半期(1~3月)に生じた財政赤字は前年同期比で18.0%減の740億ペソ(約1,554億円、1ペソ=約2.1円)、歳出は8,492億ペソ(前年同期比9.2%増)、歳入は7,752億ペソ(12.7%増)となったと発表した。

 

3月単月の財政赤字は、第1四半期の財政赤字の約8割に相当する595億ペソ(前年同月比1.8%増)に上り、3月単月の歳出は3,332億ペソ(16.0%増)、歳入は2,737億ペソ(20.0%増)だった。

 

BTrは3月に財政赤字が膨らんだ理由として、新型コロナウイルスの国内感染拡大を受けて3月中旬に発動した外出禁止令や公共交通機関の運行停止といった広域隔離措置(ECQ)の影響によって、内国歳入庁(BIR)や関税局(BOC)といった主要な徴税当局の徴税額が大きく減少したとした。

 

BIRとBOCの3月の徴税額はそれぞれ1,317億ペソ(前年同月比10.67%減)、446億ペソ(9.43%減)と減少した。BTrはこれに加え、公務員の給与を引き上げる公務員給与標準化法の成立や、さまざまな省庁や関連組織の維持管理費の上昇によって歳出が増加したことで、3月の財政赤字が膨らんだとした。

 

(坂田和仁)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年05月14日

在フィリピン日本国大使館は14日、新型コロナウイルスに関する新しい情報を発表しました。

2020年05月14日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は5月13日 フィリピン ロックダウン延長 MECQを徹底解説しました!

2020年05月14日

在フィリピン日本国大使館は13日、新型コロナウイルスに関する新しい情報を発表しました。

2020年05月13日

在フィリピン日本国大使館は13日、帰国を希望される方のためのフィリピン国内線特別便についての情報を発表しました。

2020年05月13日

在フィリピン日本国大使館は13日、台風1号(フィリピン名:アンボ)の上陸に伴う注意喚起の情報を発表しました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel