ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】法人税即時減税の税制改革修正法案を提出、経済特区優遇制度も一部修正

【JETROフィリピンから】法人税即時減税の税制改革修正法案を提出、経済特区優遇制度も一部修正
2020年06月02日更新
広告
広告

JETROフィリピンは1日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。フィリピン財務省(DOF)が提出した法人税即時減税の税制改革修正法案についてです。

法人税即時減税の税制改革修正法案を提出、経済特区優遇制度も一部修正

 


フィリピン財務省(DOF)は5月26日、税制改革第2弾法案「CITIRA法案」を修正した「CREATE法案」を国会に提出したと発表した。「CITIRA法案」は、日系企業を含む多くの外資系企業が入居する経済特区(PEZA)の現行の税制優遇制度(注)の抜本的見直しを規定しており、動向が注目されていた。

 

「CITIRA法案」では、30%という現行の法人税率を毎年1%ずつ引き下げ、2029年に20%にするとしていた。一方で、修正後は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で落ち込む国内経済を刺激するため、30%の現行の法人税率を即時25%に引き下げる。その後は、2023年から2027年までの5年間で法人税率を1年ごとに1%ずつ引き下げ、2027年には20%にすると規定した。

 

経済特区の現行の税制優遇制度の抜本的見直しについては、CITIRA法案で2~7年としていた法人所得税免除後に適用する特別税率の適用期間について、CREATE法案は4~9年に延長すると規定した。

 

CREATE法案はさらに、2020年の中小企業の繰越欠損金(NOLCO)について、損失を繰り越しできる期間を2年間延長し、現行の3年間から5年間にすることを規定。DOFは、これによって新型コロナウイルスの感染拡大により経営難に陥る中小企業の税負担軽減につながるとした。

 

DOFのカルロス・ドミンゲス長官は、新型コロナウイルスの感染拡大という困難な時期にある国内経済を回復するためにも、CREATE法案を早急に可決させる必要があるとした。

 

(注)PEZAに入居する製造業の場合、(1)法人所得税の3~6年間の免除(ITH)、(2)ITH終了後は売上総利益の5%を法人所得税とする特別所得税率の適用、(3)関税、埠頭(ふとう)税、輸出税の免除、(4)税関手続きの簡略化などが適用されている。

 

(坂田和仁)


(フィリピン)

 

 

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年06月01日

フィリピンでは6月1日から新型コロナウイルスによる外出制限などが大幅に解除されました。首都圏マニラなど多くの地域ではGCQ(一般的な防疫措置)が講じられており、日常生活が戻りつつあります。そこで今回はGCQの内容を詳しくご紹介いたします!

2020年06月01日

フィリピンの首都圏マニラで、GCQが開始しました! 一部の公共交通機関が動き初め、オフィスでの勤務も人数限定で許可された今日、街はどのように変化ているのでしょうか? GCQ初日の朝7時、マカティの市内の様子を撮影しました。

2020年06月01日

JETROフィリピンは1日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。フィリピン国内の隔離措置による経済損失についてです。

2020年05月31日

在フィリピン日本国大使館は30日、新型コロナウイルスに関する新しい情報を発表しました。

2020年05月30日

フィリピンの首都圏マニラ・マカティでは最近、自転車が増えてきていると感じませんか?トランスポーテ―ション、公共交通機関が止まっている現在、自転車は移動の手段として、また中にはスポーツの一つとして自転車を利用し始めている人も多ようです。自転車があったら便利!そこでMECQの期間中に自転車を求めて、マカティの市内をモールを中心に散策してみました!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel