ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【フィリピンの遠隔診療情報】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連について

【フィリピンの遠隔診療情報】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連について
2020年04月08日更新
広告
広告

法人向けなど幅広い保険を扱うCotton&Diaz(コットン&ディアス)が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連やフィリピンの遠隔診療についての情報を公開しました。

内容は下記の通りです。

 

Enhanced Community Quarantine(強化されたコミュニティ隔離措置)が4月30日までに延長されましたが、コロナウィルス患者の増加により新規患者の受け入れができない病院が増えてきています。


HMO大手のMaxicareからの情報をお知らせします。下記の画像はフルキャパシティのMaxicare認定病院(4月6日時点)です。

下記の画像はDOH指定のコロナウイルス感染症受入れ可能な病院(4月6日時点)です。

コロナウィルス以外の患者は受け付けてもらえるようですが、長時間待たされたり、院内感染のリスクが心配です。一部の病院・クリニックでは、電話で医師と相談できるサービスもありますので、これらを利用するのも一策かと思います。


メディカルシティクリニックの場合は無料で相談でき、処方箋の発行も可能とのことです。但し、受付時間にかなり制約があるようですのでご注意下さい。

 

下記の画像はメディカルシティクリニックの遠隔診療情報についてです。

HMOでも多くの会社が遠隔診療サービスを提供しています(被保険者のみ利用可能)。中には電話による診療で処方箋まで発行してくれる会社もあります。


言葉で症状を説明する難しさ、施術がその場で受けられないという問題はありますが、わざわざ病院に行かずに済むというメリットを考えると、症状によっては多いに利用する価値のあるサービスかと思います。



詳細はCotton&Diaz(コットン&ディアス)の公式NOTEページをご覧ください!

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年04月07日

在フィリピン日本国大使館は7日、フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応についての新しい情報を発表しました。ルソン地域全域における強化されたコミュニティ隔離措置の延長などについてです。

2020年04月07日

フィリピンのドゥテルテ大統領は4月7日、コミュニティー検疫期間を4月30日まで延長することを承認しました。同日に開催された会見をフィリピンプライマーが解説いたします!

2020年04月07日

在セブ領事事務所は7日、マクタン・セブ国際空港から近々出国を希望されている方への情報を発表しました。

2020年04月07日

フィリピンの省庁間タスクフォース(IATF)は4月7日、コミュニティー検疫期間を4月30日まで延長することをフィリピン大統領府に進言したと発表しました。またドゥテルテ大統領は延長を承認したことがテレビ記者会見で明らかになりました。

2020年04月06日

新型コロナウイルスの拡大をうけ、ルソン島全域に外出制限が発生してから19日目の4月5日。リトル東京周辺のローカルマーケットはどのように変化しているのか。フィリピンプライマーが現地を取材してきました!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー