ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】上半期の外資投資認可額は前年同期から半減

【JETROフィリピンから】上半期の外資投資認可額は前年同期から半減
2020年09月17日更新
広告
広告

JETROフィリピンは17日、新型コロナウイルス感染症に関する新しい情報を発表しました。上半期における外国資本の投資認可額についての情報です。


フィリピン統計庁(PSA)は9月10日、2020年上半期の外国資本の投資認可額が前年同期比53.3%減の446億400万ペソ(約981億2,880万円、1ペソ=約2.2円)にとどまったと発表した。

 


国別に見ると、米国が前年同期比約2.6倍の148億2,110万ペソで全体の約3分の1を占め、次いで英国が同約20.8倍の81億7,920万ペソ、中国が同約4.6倍の51億1,160万ペソと続き、日本は同86.7%減の17億8,870万ペソと大幅に減少した。

 

業種別に見ると、運輸・倉庫が前年同期比約16.3倍の148億4,170万ペソで構成比33.3%と全体の約3分の1を占め、次いで製造業が同71.5%減の116億8,020万ペソ(構成比26.2%)、管理・サポートサービス(注)が同69.1%増の112億4,860万ペソ(構成比25.2%)と続き、これら3業種で全体の84.7%を占めた。

 

地域別に見ると、マニラ首都圏が前年同期比約2.5倍の261億3,370万ペソで全体の58.6%を占め、カラバルソン地域が同87.7%減の70億1,200万ペソ(構成比15.7%)、中部ルソン地域が同82%減の43億1,470万ペソ(構成比9.7%)で、この3地域で全体の84%を占めた。

 

なお、国内資本も含めた2020年上半期の投資認可額は6,912億3,090万ペソで、外資比率は6.5%にすぎない。業種別では運輸・倉庫業が89.4%を、地域別では中部ルソン地域が80.2%を占めている。貿易産業省投資委員会(BOI)が7月13日に上半期の投資認可額を発表した際、サンミゲル・エアロシティのブラカン国際空港建設プロジェクトの投資額として5,308億ペソを認可したと説明しており、突出した部分の多くは本件による。

 

(注)人材サービス、コールセンター、旅行代理店、民間警備などを含む。

(石原孝志)

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年09月16日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は「ドゥテルテ大統領:パンデミック!”非常事態宣言” 継続する可能性あり」巷で話題のフィリピンローカルニュースなど紹介します。

2020年09月16日

フィリピン最大級のスタートアップイベント「IGNITE(イグナイト)」が10月にオンラインで開催されます。グローバルなビジネスチャンスを求める企業やイノベーターの皆さん、ぜひご参加ください!

2020年09月15日

日本の消毒・除菌サービスがフィリピンに上陸しました。これは電解次亜塩素酸水を用いた消毒システムでフィリピン名「Marella Disinfection Systems(以下マレラ消毒)」。本サービスをフィリピンにて提供するJPマルザン(本社 Cabuyao City)にお話を伺いました。

2020年09月14日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は「「比観光省:GCQエリアでの”ステイケーション”を許可!」巷で話題のフィリピンローカルニュースなど紹介します。

2020年09月14日

マニラの日本食材店、Seikyo(セイキョー)のJupiter(ジュピター)店に、納豆や乳製品などの生鮮食品が入荷しました!ぜひお早めにお買い求めください。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel