ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > フィリピンは大学の授業料無償化法案を2018年6月までに施行

フィリピンは大学の授業料無償化法案を2018年6月までに施行
2017年08月22日更新
広告
広告

フィリピンでは先日、ドゥテルテ大統領が大学の授業料無償化法案に署名をしました。

高等教育委員会(Commission on Higher Education :CHED) は大学の授業料無償化法案は、来年2018年6月までには完全に施行される予定であることを、先日8月10日に発表しました。

高等教育委員会のProspero De Vera III氏.  画像出典:Presidential Communications Operations Office website

 

施行規則(IRR)の草案作りのための最初の会議は、8月9日に行われました。参加したのは、高等教育委員会をはじめ、以下の機関のスタッフです。

・技術教育技能開発庁(Technical Education and Skills Development Authority:TESDA)

・予算行政管理省 (Department of Budget and. Management: DBM)

・科学技術省(Department of Science and Technology:DOST)

 

2018-2019年度に間に合うよう、施行規則を仕上げ、高等教育委員会が署名できるようにしたいとのこと。この法律を施行するためには少なくとも200億ペソが必要だと言われており、政府は現在、資金を確保しようとしています。高等教育委員会のProspero De Vera III氏は、科学技術省、農業省などの、政府機関の金融支援プログラムや、現在の奨学金プログラムの資金を活用することを計画中。また、他の財源先として、2018年度の国家支出プログラムからも資金を集める予定です。

 

(写真)多くの人々は、この法律がしっかり実施されることを望んでいます。

 

この法律の恩恵を受ける学生は、次学年から以下の学校に通う生徒達です。 

・国立大学112校

・高等教育委員会が査定した地方の国立大学16校

・すべての国営技術職業訓練校

 

さらに、低所得者世帯の生徒たちは、追加の手当て(例えば、政府補助金、学生ローン)を受けることが出来るようになります。

今回の法律の施行に伴い、私立大学の大学生の転校が予想されるため、CHEDは、国立大学の受け入れおよび、保留政策を厳しくする準備を始めました。すでに多くの国立大学では、2年生、3年生、4 年生の入学(転校)は受け付けない方針を導入しています。

 

参照:presidential comunications operations office

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 かなっぺ
「自己紹介」   ダーリンはフィリピン人。
フィリピンと旅行と犬が大好きです!

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2017年08月18日

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所コタキナバル・リエゾンオフィス主催で、日本人向けの講演会「フィリピンのイスラームを知る」が開催されます。

2017年08月18日

Repertory Philippines が贈る、若者向けの舞台、REP Theater for Young Audiences (RTYA)。 名作のおとぎ話、“美女と野獣”をミュージカルで楽しめます。(脚本: Peter Del Valle, John Ahearn 音楽: Michael Valenti 作詞: Elsa Rael)

2017年08月18日

プレゴ・リストランテ&バー(Prego Ristorante and Bar)は、シティ・オブ・ドリームス マニラにある素晴らしいイタリアンレストラン。 お客様が満足する料理を、イタリアンらしい雰囲気と共に提供いたします。プレゴ・リストランテ&バーでは、8月中、The Early Tuscan Dinnerを開催しています。 本場トスカーナ地方の料理を1,750ペソでお楽しみいただくことができます。 

2017年08月17日

マカティ地方裁判所は、8月14日、政府所有の不動産に対する賃貸料など5億ペソ以上が未払いとして、マカティの不動産開発会社サンバーに対して未払い金の支払いと、同社が所有しているビルに入る全賃貸者に対して3日以内の立ち退きを命じました。

2017年08月17日

リサール州にある、壮大なマスンギ渓谷保護区。 広々としたカルスト地形を楽しもうと、多くの人がやって来ます。 新しい夜のトレイルコースDiscovery Trail at Nightも加わり、一度は訪れたい場所。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー