ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】貿易産業省、全輸入製品に5%追加関税を検討、新型コロナ対策予算捻出

【JETROフィリピンから】貿易産業省、全輸入製品に5%追加関税を検討、新型コロナ対策予算捻出
2020年05月28日更新
広告
広告

JETROフィリピンは28日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。貿易産業省が全輸入製品に5%追加関税を検討している情報についてです。

貿易産業省、全輸入製品に5%追加関税を検討、新型コロナ対策予算捻出

 


フィリピン貿易産業省(DTI)は新型コロナウイルスの感染予防対策予算を捻出するため、全ての輸入製品に5%の追加関税を課すことを検討していると発表した。5月25日付の国営通信ほか地元各紙が報じた。

 

DTIのロドルフォ次官は、5%の追加関税の課税によって2,450億ペソ(約5,145億円、1ペソ=約2.1円)分の歳入が確保できるとした。特定の製品ではなくあらゆる製品に課税することから、この措置をもってフィリピンを保護主義と非難する国際的な世論は喚起されないはずだとした。

 

また同次官は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって特定の自国製品の輸出を禁じる国も存在するが、フィリピンはそのような禁輸措置は取らなかったとし、フィリピンの貿易政策の妥当性を強調した。

 

次官はさらに、5%の追加関税によるインフレの懸念は小さいとした。現在、追加関税による歳入増につながるプラスの影響と、コスト増によるビジネスへの影響やインフレといった負の影響の両面を比較するコスト・ベネフィット分析を行っているとした。

 

フィリピン大統領府は5月2日、新型コロナウイルス感染拡大防止の政府予算に充てるため、原油と石油製品の輸入関税を10%幅引き上げることを規定した大統領令「Executive Order No.113」を発令している(2020年5月11日記事参照)。

(坂田和仁)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年05月27日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回はフィリピン、ルソン島に属するカビテのECQ中の街の様子、GCQ中の街の様子を撮影してきました。

2020年05月27日

ジャパニーズヘルプデスクは27日、BGCやマカティなど一部のエリアでの営業再開のお知らせと受診に関するお願いを発表しました。

2020年05月26日

JETROフィリピンは26日、フィリピンにおけるコミュニティ隔離措置の最新状況についての資料を公表しました。

2020年05月26日

JETROフィリピンは26日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。投資委員会が公表した投資の認可額についてです。

2020年05月25日

レンタカーの手配などを手がけるA. Watanabe Car Rental (エー・ワタナベ・カーレンタル)が、指定区間での片道送迎サービスを開始しました!ニノイアキノ国際空港への送迎も可能です。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel