ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】CREATE法の優遇措置に関する細則、5月第3週までに固める見通し

【JETROフィリピンから】CREATE法の優遇措置に関する細則、5月第3週までに固める見通し
2021年05月04日更新
広告
広告

JETROフィリピンがCREATE法の優遇措置に関する情報を発表しました。フィリピン財務省は税制優遇措置の具体的な内容を規定する実施細則(IRR)を、5月の第3週ごろまでに固める意向を公表しました。


CREATE法の優遇措置に関する細則、5月第3週までに固める見通し

 

フィリピン財務省(DOF)は4月18日、法人向け諸税の見直しなど税制改革の第2弾「CREATE法」(4月11日発効、内容について2021年4月7日記事)に関して、税制優遇措置の具体的な内容を規定する実施細則(IRR)を、5月の第3週ごろまでに固める意向を発表した(注)。

 

併せてDOFは、CREATE法の下で税制優遇措置の対象となる業種・事業に関する「戦略的投資優先計画(SIPP)」の策定を進めている。同省の発表によると、SIPPが策定されるまでの移行期間は、2020年度版の「投資優先計画(Investments Priorities Plan:IPP)」に記載された業種・事業が優遇措置適用の対象となる見込み。同発表は、CREATE法において新たに設置された、財政インセンティブ審査委員会(FIRB)の初会合(4月14日開催)での内容を基に行われた。

 

優遇措置の運用などに関して細則公開が待たれる

 

CREATE法では、同法発効前の時点で、投資誘致機関の登録を受け、既に優遇措置を受けている企業に対して、経過措置を以下のとおり定めている。

 

・CREATE法の発効前に法人所得税免税(ITH)のみを享受している場合、登録時の条件に基づき、ITHの残存期間について同優遇措置を享受できる。

・CREATE法の発効前に法人所得税免税(ITH)を享受しており、かつ当該優遇措置においてITH適用期間終了後に、総所得に対して5%の特別優遇所得税率を享受できる場合、10年間は5%の特別優遇所得税率を享受できる。

・CREATE法の発効前に総所得に対して5%の特別優遇所得税率を享受している場合、10年間は5%の特別優遇所得税率を享受できる。

 

CREATE法案、および同法案に関する大統領の拒否権発動内容はそれぞれ、フィリピン内国歳入庁(BIR)のウェブページに公開されている。同法の発効内容を確認するにあたり、2つの文書をあわせて確認する必要がある。一方で、具体的な優遇措置の運用などに関しては、これら2つの文書だけでは解釈が確定できない部分もあり、実施細則の公開が待たれているところだ。

 

(注)同実施細則(IRR)は、CREATE法の発効から90日以内に公布されるよう定められている。

(吉田暁彦)


(フィリピン)


出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

★フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

 

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2021年05月03日

在フィリピン日本大使館が、「オンライン・クッキング・コンテスト」を開催します!対象となる料理は、日本料理やフィリピン料理、そして日本料理のフュージョン料理。優勝者は、日本大使公邸で越川和彦駐フィリピン日本国大使との食事に招待されるとのこと。ぜひチェックしてみてください!

2021年05月01日

在フィリピン日本国大使館は30日、新型コロナウイルス感染症に関する新たな情報を発表しました。オムニバス・ガイドラインの修正と外国人の条件付き入国禁止解除についてです。

2021年04月30日

フィリピン政府は30日、フィリピンへの外国人の入国禁止措置を解除し、5月1日から入国を認めると発表しました。発給済みで有効な査証(ビザ)を保有する人が対象となります。

2021年04月28日

フィリピン政府は28日、首都圏マニラなどで実施されているコミュニティー隔離措置の変更を発表しました。首都圏マニラと近隣の州では、MECQが5月14日まで継続されます。

2021年04月28日

在フィリピン日本国大使館は28日、新型コロナウイルス感染症に関する情報を発表しました。マニラ首都圏における医療体制の現状についてです。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー