ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】世界銀行が2020年経済成長率予測をマイナス1.9%に大幅引き下げ

【JETROフィリピンから】世界銀行が2020年経済成長率予測をマイナス1.9%に大幅引き下げ
2020年06月17日更新
広告
広告

JETROフィリピンは17日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。世界銀行が発表したフィリピンの2020年経済成長率予測についてです。


世界銀行は6月、フィリピンの2020年経済成長率をマイナス1.9%とする予測を発表した。世界銀行は新型コロナウイルスの国内での感染が拡大する前の今年1月、2020年経済成長率を6.1%と予測しており(2020年1月27日記事参照)、5カ月で8.0ポイント引き下げたことになる。

 

世界銀行は、新型コロナウイルスの感染拡大が抑制されつつある中国、マレーシア、ベトナムといった周辺国と異なり、フィリピンの感染者数は依然拡大傾向にあり、ピークを迎えていないとした。

 

フィリピンの8.0ポイントという引き下げ幅は、ベトナム(3.7ポイント引き下げ)、インドネシア(5.1ポイント引き下げ)、ミャンマー(5.2ポイント引き下げ)、マレーシア(7.6ポイント引き下げ)、タイ(7.7ポイント引き下げ)といった周辺国よりも大きい。

 

フィリピン政府は3月中旬以降講じてきた外出制限や公共交通機関の運行停止といった厳しい措置について、6月に入り一部緩和する措置を発表(2020年6月2日記事参照)したが、6月14日時点の感染者数は2万5,930人、1日当たりの感染者数は539人と感染拡大傾向は収まっていない。

 

世界銀行は2021年のフィリピンの経済成長率は6.2%と予測し、ASEANの中ではマレーシア(6.9%)、ベトナム(6.8%)に次いで高い経済成長率を記録するとした。

(坂田和仁)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年06月17日

マカティのLegazpi Sunday Market(レガスピサンデーマーケット)が営業を再開しました!

2020年06月16日

在フィリピン日本国大使館は16日、新型コロナウイルスに関する情報を発表しました。6月16日から30日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置の変更についてです。

2020年06月16日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!6月15日深夜に行われたドゥテルテ大統領の会見内容についてです。

2020年06月16日

フィリピンの省庁間タスクフォース(IATF)とドゥテルテ大統領は15日深夜、新型コロナウイルスに関するコミュニティー隔離についての会見を行いました。IATFは首都圏マニラでは6月30日までのGCQ(一般的な防疫地域)の継続を提案しました。

2020年06月15日

JETROフィリピンは15日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。5月のインフレ率についてです。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel