ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】2021年度予算案が下院を通過

【JETROフィリピンから】2021年度予算案が下院を通過
2020年10月21日更新
広告
広告

JETROフィリピンは21日、2021年度予算案についての情報を発表しました。


2021年度予算案が下院を通過

 

フィリピン下院は10月16日、2021年度(1~12月)予算案を承認した。予算額は4兆5,060億ペソ(約9兆9,132億円、1ペソ=約2.2円)で、前年度比9.9%増となる(添付資料表参照)。予算管理省によると、2021年度の財政収支は前年度比3.6%減の1兆7,496億ペソの赤字で、この赤字額はGDPの約8.5%に相当する。予算案は今後、上院の審議、両院間の調整、大統領の承認を経て、2020年内に成立する見通し。

 


歳出の内訳を性質別に見ると、約半分を地方交付金や利払いなどの維持運営費が占める。人件費も29.2%で、新型コロナウイルス対策による人員増や公務員給与改革で増加した。残り21.1%を占める事業費の多くは、インフラ整備など投資的な支出に充てられる。

 

部門別に見ると、教育や保健などを含む社会サービスが前年度比11.3%増で全体の36.9%、次にインフラ整備などの経済サービスが前年度比12.3%増で同29.9%、国内の安全や秩序を確保する活動に充てられる一般公共サービスが前年度比3.0%減で同16.1%を占める。利払いや債務償還などの債務負担が前年度比21.5%増で同12.4%、国防が前年度比6.7%増で同4.7%となる。経済復興の牽引役を期待されているインフラ整備には、GDPの5.4%に相当する1兆1,080億ペソを充てる。

 

省庁別の予算配分では、教育省と公共事業道路省が突出しているが、予算の伸び率では新型コロナウイルス感染対策を主導する保健省、インフラ整備を担う公共事業道路省と運輸省が突出している。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は麻薬や汚職の撲滅、テロ対策などを重視しており、国家警察やフィリピン軍の予算は2021年度も前年比増となった。

添付資料

(石原孝志)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

★フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年10月20日

JETROフィリピンは20日、フィリピンでの行動制限の緩和についての情報を発表しました。

2020年10月20日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は「メトロマニラ市長:2020年末までNCRのGCQ延長を推奨」巷で話題のフィリピンローカルニュースなど紹介します。

2020年10月18日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は「GCQ・MGCQエリア間の移動が容易に」巷で話題のフィリピンローカルニュースなど紹介します。

2020年10月16日

フィリピン・マニラの老舗のデリカテッセン、Santis Delicatessen(サンティス・デリカテッセン)が、期間限定のオクトーバーフェスメニューを販売しています!ご自宅での食事に嬉しいアイテムをこの機会にぜひゲットしましょう!

2020年10月15日

マカティの焼肉HIRO(JAPANESE YAKINIKU RESTAURANT HIRO)が、ランチ限定のセットを開始しました!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー