ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】消費市場は回復基調も、足元は厳しさが続く

【JETROフィリピンから】消費市場は回復基調も、足元は厳しさが続く
2020年07月29日更新
広告
広告

JETROフィリピンは29日、フィリピンの国内消費に関する新しい情報を発表しました。

消費市場は回復基調も、足元は厳しさが続く

 


米国の民間調査機関コンファレンス・ボードは7月15日、「グローバル消費者信頼感指数(2020年4~6月)」を発表し、経済動向を楽観視する消費者の比率は、世界全体で前回発表(2020年1~3月)の106から92に14ポイント減少したと報告した。

 

フィリピンも同様に128から113に15ポイント減となったが、インドやベトナムなどに次いで、世界で5番目に楽観的な消費者が多いことが分かった。

 

しかし、フィリピンの国内消費をめぐる現状は芳しくない。国内消費を下支えする海外就業者の本国送金は2020年1~4月では前年同期比3.0%減だが、7月20日のフィリピン労働省発表ではこれまで世界各国から9万5,702人の海外就労者が帰国している。そのため、5月以降の送金実績はさらに落ち込むことが予想される。

 

自動車販売台数にその傾向はあらわれている。フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック製造事業者協会(TMA)が合同で発表した新車販売台数、自動車輸入販売企業協会(AVID)の発表した輸入新車販売台数を総合すると、2020年1~6月の自動車(新車)販売実績は前年同期の19万5,173台から52.1%減の9万3,469台に減少した。

 

ただし、6月の販売台数(輸入車を除く)は5月の4,788台から約3.25倍の1万5,578台と大幅に伸びており、回復基調にある。

 

一方、住宅投資はさえない。フィリピン統計局は7月21日、2020年1~3月の民間建築認可実績は、着工件数が前年同期比22.4%減の3万838件、床面積が同17.0%減の790万3,368平方メートル、価額が同20.1%減の860億7,211万ペソ(約1,893億5864万円、1ペソ=約2.2円)と発表した。

 

3月中旬の広域的なコミュニティ隔離措置施行で建設工事が中断され、5~6月に大幅に制限が緩和された後も工事現場には厳格な感染対策が求められている。2020年4~6月の民間建築認可実績はさらなる落ち込みが想定される。

 

なお、フィリピン統計局は7月7日、2020年6月のインフレ率は2.7%、同1~6月の平均インフレ率は2.5%と発表した。物価は緩やかな上昇基調にあるが、フィリピン政府は想定の範囲内としている。

(石原孝志)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年07月29日

新型コロナウイルス感染症の拡大をうけ、フィリピンから日本へ一時帰国される方なども増えています。そこで今回はフィリピンから日本へペットを輸出する際の手続きについてご紹介します!

2020年07月29日

JETROフィリピンは28日、フィリピンのEC市場に関する新しい情報を発表しました。

2020年07月28日

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は7月27日、就任以降第5回目となる大統領施政方針演説のSONA(State of the Nation Address)を実施しました。今回はその詳細をお届けいたします。

2020年07月28日

JETROフィリピンは28日、フィリピンの金融トレンドに関する新しい情報を発表しました。

2020年07月27日

フィリピンプライマーが最新号の8月号を発刊しました!今月の特集は「マニラのキャッシュレス」。オンラインで便利に銀行取引ができるサービスのほか、最新のレストラン情報などもご紹介しています!

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel