ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】セブ市は最も厳格な隔離規制にとどまる、マニラ首都圏も緩和されず

【JETROフィリピンから】セブ市は最も厳格な隔離規制にとどまる、マニラ首都圏も緩和されず
2020年07月03日更新
広告
広告

JETROフィリピンは3日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。フィリピン政府が発表したコミュニティー隔離措置についてです。

セブ市は最も厳格な隔離規制にとどまる、マニラ首都圏も緩和されず

 


フィリピン政府は7月1日、セブ市を7月1日から7月15日まで最も厳格な広域隔離措置(ECQ)の対象地域にとどめると発表した。セブ市は、6月15日までECQよりも規制がより緩和された一般的隔離措置(GCQ)の対象地域とされていたが、新型コロナウイルスの感染者数の増加傾向や集中治療室の空き状況に鑑み、6月16日付で最も厳格な広域隔離措置(ECQ)の対象地域に引き戻されていた(詳細はジェトロウェブサイト資料参照)。

 

フィリピン政府はさらに、マニラ首都圏は7月1日から7月15日までGCQの対象地域にとどまるとした。同首都圏は6月1日付で修正広域隔離措置(MECQ)からGCQに移行し、その後はさらに規制が緩和される修正一般的隔離措置(MGCQ)に移行することも検討されていたが、同首都圏における感染拡大傾向が依然として止まらない状況を踏まえた決定がされた。

 

日系製造業が多く工場を構えるカラバルソン地方のうち、バタンガス州、ラグナ州、ケソン州がGCQからMGCQに移行したが、カビテ州、リサール州はGCQにとどまった。

 

フィリピン保健省によると、6月30日時点の新型コロナウイルスの感染者数は全国で3万7,514人、死者数は1,266人、回復者数は1万233人。また、1日当たりの感染者数は1,080人、1日当たりの死者数は11人。6月以降、1日当たり感染者数に鈍化傾向がみられず、状況は改善していない。

(坂田和仁)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年07月03日

フィリピンでも新型コロナウイルスの拡大が続いています。そこで今回は、フィリピン保健省が発表したコロナウイルスの検査が可能な医療機関をご紹介します。

2020年07月02日

コミュニティー隔離期間でも営業を継続しているフィリピン・マニラの老舗のデリカテッセン、Santis Delicatessen(サンティス・デリカテッセン)で、ご自宅での食事に嬉しいアイテムをゲットしましょう!

2020年07月02日

JETROフィリピンは2日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。ASEAN主要5カ国の輸出に関する内容です。

2020年07月01日

在フィリピン日本国大使館は1日、新型コロナウイルスに関する新しい情報を発表しました。

2020年07月01日

JETROフィリピンは1日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。レストランなどの営業許可に関してです。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel