ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】5月のインフレ率は2.1%、外出制限など隔離措置発動後も物価は安定

【JETROフィリピンから】5月のインフレ率は2.1%、外出制限など隔離措置発動後も物価は安定
2020年06月15日更新
広告
広告

JETROフィリピンは15日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。5月のインフレ率についてです。


5月のインフレ率は2.1%、外出制限など隔離措置発動後も物価は安定

 


フィリピン統計庁(PSA)は6月5日、5月の消費者物価指数(CPI)上昇率(インフレ率)が2.1%となり、3.2%を記録した前年同月から低下したと発表した(添付資料表参照)。

 

低下要因として、交通がマイナス5.6%となり、前年同月から9.1ポイントと大幅に低下したことが挙げられる。3月16日付でマニラ首都圏を含むルソン地方全体に外出禁止令や公共交通機関停止を含む広域隔離措置(ECQ)が発動され、多くの交通機関が停止となった。

 

5月16日以降は、ビサヤ地方のセブ市とマンダウエ市、マニラ首都圏と周辺諸州以外を一般的コミュニティー隔離措置(GCQ)として隔離措置は一部緩和された。定員を50%以下とすることなどを条件にバス、タクシー、鉄道などの公共交通機関の運行再開も認められたことで、4月のマイナス6.2%低下からは低下幅が縮小した。

 

そのほか、住宅・水道光熱費(0.2%上昇、前年同月比3.1ポイント減)、余暇および文化(1.4%上昇、1.7ポイント減)、レストランおよび雑品(2.4%上昇、0.9ポイント減)、医療(2.8%上昇、0.8ポイント減)、食品・非アルコール飲料(2.9%上昇、0.5ポイント減)といった品目も上昇率は鈍化した。

 

一方で、アルコール飲料およびたばこ製品(18.0%上昇、前年同月比8.5ポイント増)、教育(4.7%上昇、8.5ポイント増)、家具・家庭用品および家屋修繕(4.1%上昇、0.9ポイント増)などが上昇した。

 

なお、フィリピン開発予算調整委員会(DBCC)は2019年12月、2020年から2022年までの3年間のインフレ率の目標を2~4%に据え置くと発表している(2020年1月10日記事参照)。

(坂田和仁)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年06月14日

マカティの琴乃がテイクアウトを開始しました!定番の合鴨つけそば(P480)やミニ丼(P200〜)のほか、おつまみに嬉しいメニューも。

2020年06月14日

フィリピンプライマーがラインでの情報配信を始めました!

2020年06月13日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は遂に比経済動き出すか?ロックダウン制度変更目前、政府会見要約!巷で話題のフィリピンローカルニュース、マニラでテイクアウト可能なレストラン情報など紹介についてです。

2020年06月12日

ホテルオークラマニラがテイクアウトとデリバリーサービス「Okura At Home」を開始しました!

2020年06月12日

JETROフィリピンは12日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。4月の失業率についてです。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel