ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】新型コロナで増加傾向にあった商業銀行の融資残高、一転して減少

【JETROフィリピンから】新型コロナで増加傾向にあった商業銀行の融資残高、一転して減少
2020年09月18日更新
広告
広告

JETROフィリピンは17日、新型コロナウイルス感染症に関する新しい情報を発表しました。2020年7月末における商業銀行〔ユニバーサル・バンク(注)〕を含む)の融資残高についてです。

新型コロナで増加傾向にあった商業銀行の融資残高、一転して減少

 

フィリピン中央銀行(BSP)は9月4日、2020年7月末における商業銀行〔ユニバーサル・バンク(注)〕を含む)の融資残高を発表した。国内の産業向け、家庭消費向けのいずれも、2020年6月までの増加傾向から、減少に転じた。

 

国内の産業向け融資残高は、前年同期比5.9%増の7兆9,815億2,100万ペソ(約17兆5,593億4,620万円、1ペソ=約2.2円)だったが、前月末に比べると約1.0%減少した。融資先を業種別に見ると、不動産、卸売り・小売り、製造業、電気・ガスなどが多く、この4業種で全体の53.1%を占める。特に不動産業は前年同期比11.5%増と、全体を牽引した。

 

国内の家庭消費向け融資残高は、前年同期比17.3%増の8,876億1,400万ペソだったが、前月末に比べると約0.9%減少した。クレジットカード、自動車ローンが減少に転じたのに対し、多目的ローンは7月も増加傾向を維持している。

 

なお、カルロス・ドミンゲス財務長官は9月2日、新型コロナウイルスの影響で銀行の不良債権率が上昇傾向にあるため、金融機関の健全性と流動性を維持する観点から、議会に新型コロナウイルスに対する金融業の強靭(きょうじん)化法案(FIST法案)の早期可決を求めた。

 

FIST法案が施行されると、銀行は特別目的会社を通じて不良資産を外部へ移管でき、移管に際しては諸税の減免などが受けられる。9月9日にBSPが発表したデータでは、7月末の商業銀行の総融資残高に占める総不良債権の比率は2.26%、総資産に占める不良資産比率は1.74%で、それぞれ一貫して増加傾向にある。

(注)商業銀行と投資銀行の機能を備えた銀行。

(石原孝志)

(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

★フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年09月17日

新型コロナウイルス感染症の拡大をうけ、マスクをつけるのが当たり前の生活が続いています。最近ではフィリピンでも、デザイン性に優れたマスクも増えてきました。そこで今回はおすすめマスクに加えて、女性が気になるマスクメイクやオンラインメイクなどをご紹介いたします!

2020年09月17日

JETROフィリピンは17日、新型コロナウイルス感染症に関する新しい情報を発表しました。上半期における外国資本の投資認可額についての情報です。

2020年09月16日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は「ドゥテルテ大統領:パンデミック!”非常事態宣言” 継続する可能性あり」巷で話題のフィリピンローカルニュースなど紹介します。

2020年09月16日

フィリピン最大級のスタートアップイベント「IGNITE(イグナイト)」が10月にオンラインで開催されます。グローバルなビジネスチャンスを求める企業やイノベーターの皆さん、ぜひご参加ください!

2020年09月15日

日本の消毒・除菌サービスがフィリピンに上陸しました。これは電解次亜塩素酸水を用いた消毒システムでフィリピン名「Marella Disinfection Systems(以下マレラ消毒)」。本サービスをフィリピンにて提供するJPマルザン(本社 Cabuyao City)にお話を伺いました。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー