ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > 【JETROフィリピンから】4月の失業率、過去最悪の17.7%を記録、新型コロナの影響

【JETROフィリピンから】4月の失業率、過去最悪の17.7%を記録、新型コロナの影響
2020年06月12日更新
広告
広告

JETROフィリピンは12日、新型コロナウイルスに関連する経済動向の新しい情報を発表しました。4月の失業率についてです。

4月の失業率、過去最悪の17.7%を記録、新型コロナの影響

 


フィリピン統計庁(PSA)は6月5日、4月の失業率が過去最悪の17.7%となり、前年同月(5.1%)や、2020年1月の前回調査時の5.3%から大きく悪化したと発表した(添付資料表参照)。不完全雇用率(基準労働時間数を下回り、より長く働くことを希望し、かつ可能な状態の者の割合)は18.9%となり、前年同月の13.4%や2020年1月の14.8%から、失業率と同様に大きく悪化した。

 

PSAは原因として、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた隔離措置を挙げた。限られた業種の企業だけが操業を許可されるなど、経済活動が阻害されたことで、労働市場に大きな影響を与えたとした。政府は当初、隔離措置の期限を4月12日としていたが、感染者数の増加が止まらない状況を踏まえ、4月30日までの延長を発表。4月は1カ月にわたって厳しい経済活動規制を敷いた。

 

4月の失業率を地域別にみると、マニラ首都圏は12.3%と、前年同月の6.3%から6.0ポイント悪化した。日系企業を含む多くの製造業が入居する工業団地が多いカラバルゾン地方は16.7%となり、前年同月の5.4%から11.3ポイント上昇した(添付資料はこちら)。

 

政府は中期開発計画「フィリピン開発計画2017~2022(PDP)」で、失業率の目標を4.7~5.3%と定めている。

(坂田和仁)


(フィリピン)

出典:JETROフィリピンビジネス短信

 

フィリピンプライマーがライン配信を始めました!ぜひ友達登録をお願いいたします。

LINE ID@philippineprimer

友だち追加

 

 

ページ上に戻る

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2020年06月11日

フィリピンの省庁間タスクフォース(IATF)は11日、GCQ(一般的な防疫措置)の地域においてもレストラン店舗内での食事の部分的な再開を承認しました。15日に予定されているドゥテルテ大統領の発表をもって、最終的な決定となります。

2020年06月11日

JETROフィリピンは11日、フィリピン中央銀行(BSP)が公表した国際収支についての情報を発表しました。

2020年06月10日

YouTubeプライマーチャンネルで最新の動画を公開しました!今回は日本・フィリピン間 航空便運航情報に動きあり!巷で話題のフィリピンローカルニュース、マニラでテイクアウト可能なレストラン情報など紹介についてです。

2020年06月10日

フィリピンの多くの地域では6月からGCQ(一般的なコミュニティ隔離措置)やMGCQに移行され、外出の規制が緩和されました。しかし引き続き注意が必要な日常生活で気になるのが、GCQ中の銀行情報。そこで今回はフィリピン最大の商業銀行であるBDOのジャパンデスクに、今だからこそ知っておきたい便利なオンラインバンキングの利用方法などをQ&A形式でお伺いしました!

2020年06月10日

マニラ日本人会診療所が6月15日(月)から一部診療(健康診断)を再開します!商工会議所が発表した情報をご紹介いたします。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel