ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > ブログ > ヨコハマタイヤ主催 サッカートーナメントカップ結果発表

ヨコハマタイヤ主催 サッカートーナメントカップ結果発表
2017年05月26日更新
広告
広告

ヨコハマタイヤ主催のサッカートーナメントカップ「Yokohama Football Cup 2017」が5月20日、21日の二日間に渡ってMcKinley Hill Stadiumで行われました。

 

 

 

開催中のレポートはこちら→ヨコハマタイヤ主催 サッカートーナメントカップ開催中!

 

 

今大会では以下のチームが上位に輝きました。

 

 

【U-8(8歳以下)】

優勝 Hedcen (3-1 vs San Lo FC)

2位San Lo FC

3位TYFA

4位Raya FC

 

【U-12】

優勝 Brincat FC of Bataan (2-1 vs Sing Sch Mnl)

2位Singapore School Manila

3位 FC Bilibid

4位 Sto. Cristo FC

 

【U-10】

優勝UP Campus (2-0 vs Carribean FC)

2位 Carribean FC (BSM students)

3位 UTD Friends

4位 Singapore School Manila

 

【U-14】

優勝 FC Bilibid of Muntinlupa (2-0 vs Dinalupihan)

2位 Gila Dinalupihan from Bataan

3位Dragonball Kickers

4位Young Pinoy

 

【U-14 女子】

優勝 Sims (6 points, league type)

2位 Carribean

3位 TYFA

 

【U-6】

優勝 Hedcen (12 points, league type)

2位 Socceroo

3位 TYFA

 

【U-16 女子】

優勝 Nomads (12 points, league type)

2位 TYFA

3位SIMS

 

【U-16】

優勝 Young Pinoy (2-1 vs AlabFC)

2位 Alab FC

3位 Gila Dinalupihan

4位 FC Bilibid

 

Mens Open

優勝 Dipolog FC (2-1 vs TYFA)

2位TYFA

3位 Hangover

4位 Sims

 

Womens Open

優勝 Outkast FC (4-1 vs Tuloy sa Don Bosco)

2位Tuloy DB

3位 TYFA B

4位 Guiseppe A

 

 

 

今回の参加チーム数は105チーム、その内49チームがU-16(16歳以下)を対象とした少年サッカーチームで、残りの56チームが20歳を対象としたサッカーチームとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上に戻る

「ニックネーム」 Pochi
「自己紹介」   甘いもの大好き!
な編集部員です。
美味しい情報を求めて頑張ります♪

広告
広告

コメントを投稿

コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
コメントを入力:
※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

その他の記事

2017年05月26日

プライマー111号が発行しました!!!
今月のメイン特集は「スパニッシュレストラン特集」。スペインを思い切り堪能できる最高のレストランをご紹介します!
そしてトラベル特集では、マニラ湾沖に位置する全長約6Kmの小島、コレヒドール島へ。

2017年05月26日

フィリピンには、世界中のさまざまな国から英語学習者が訪れています。最近はロシアの英語学習者もフィリピンへの英語留学に関心を持っているようです。

2017年05月25日

フィリピン南部のミンダナオ島ラナオ・デル・スル州マラウィで23日、イスラム系武装勢力「マウテ・グループ」と政府軍が衝突。モスクワを訪問していたドゥテルテ大統領はミンダナオ島全域に60日間の戒厳令を布告しました。

2017年05月25日

24日,ドゥテルテ大統領は,ミンダナオ地域全域(ダバオ市等都市部並びにバシラン州,スールー州及びタウィタウィ州を含む。)に対し,23日に発出した戒厳令の概要を発表しました。

2017年05月24日

週4勤務を許可する法案5068が審議されたのに続き、フィリピン上院法案第1363号、2017年在宅勤務法が成立されるかもしれません。
在宅勤務が実現化すれば、毎日の通勤ラッシュから免れますね。

広告
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel