ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第19回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第19回
広告
広告

新ハーフスイングは上達の宝庫だった

1ヵ月続けたらフルショットが見違える

 

1.右太モモを寄せていく

下半身を使う事で手打ちを防ぐ

ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる

 

2.腕とクラブの角度は120度

トップとフィニッシュでは、腕とクラブでできる角度が120度よりも大きくなったり、小さくなるのはNG。手首や腕が曲がるとスイング中のスピード感が緩みやすい。前後の形を決めてくことでインパクトゾーンの動きを安定させられる

 

3.トップで左手首を折らない

トップでは左手首を真っすぐにキープする。左手首が甲側や手のヒラ側に折れると、インパクト前後でヘッドが減速してしまう。アドレスしたときの、手首の角度が相変わらずにスイングできれば、球筋は理想的なドローになる。

 

厚くて長いインパクトで当たり負けなし

ショートスイングは最新クラブにこそ必要

インパクトがゾーンになればどんなクラブもコントロールできる

 

短いシャフトに、ストロングロフト。最新のクラブ はこの傾向が顕著と感じる。シャフトが短いと本来 は球を上げやすいのだが、ロフトが立っているため 、ボールが上がらず、グリーンで止まらない。  一方で、欧米のツアープロたちはより高弾道のボ ールを打つようになってきた。これはヘッドの軽量 化による恩恵だが、プロに比べ、アマチュアはその 進化を享受できていないのが現実である。
 ヘッドの軽いクラブは、フォローで腕をたたむと、 ボールが失速してしまう。昔であれば、パンチショッ トの要領で、低い弾道から強い球を打つことができ た。だが、アマチュアが最新のクラブで同じ打ち方 をしても、ボールは途中で失速する。その飛び様に は旅客機と戦闘機ほどの違いがあるのだ。  ここでもショートスイングが必要になる。インパク トを厚く、ゾーンでとらえることで、球をしっかり押さ え込みつつ、無用な吹き上がりも防げるのだ。

 

インパクトゾーンはこんなに長くなる

アマチュアが最新クラブの恩恵を受けられないのは、インパクトが"点"だから。ショートスイングでインパクトが"点"から"ソーン"になると、ボールにパワーを集約できて、最新のクラブも打ちこなせるようになるのだ

 

このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

フォローでヘッドに引っ張られるように体を回転させる。ハンマー投げのイメージでヘッドの遠心力にまかせて手首を返し、ヘッドを動かしたい方向へ走らそう
飛ばすより曲がらないスイング「ジャンプ」と「90度キープ」が超精度を生む!タメすぎても、ほどけてもダメ。トップの手首90度キープで球がまったくブレナイ。アドレス以外で球が曲がらないポイントは手首にある。切り返しで左手首の90度をキープしながらダウンスイングに移行するのがコツだ。ほどけやすい人はフックボールを練習しよう。
グリップには『答え』があった!『テンフィンガー』が一番曲がらない!テンフィンガーのメリット・非力な人でもグリップがずれない・フェース面を感じやすい・体のターンで振るイメージが湧く
「打ち出し1メートルが命です」体の自然な反応でボールを自在に曲げる。持ち球あった方がアマチュアはやさしい
いよいよドローとフェードのポイントをそれぞれのスペシャリストに聞いていく。オナーはドローヒッターの代名詞的存在ともいえる手嶋多一。逆球(スライス)の出ないドローボールのポイントは右足のカカトにあった。

上達への近道!ALBAゴルフ 一つ前のコラムを見る

上達への近道!ALBAゴルフ
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。

その他

今月はCanlubang Golf & Country Club (カンルーバン・ゴルフ&カントリークラブ)。日本人会コンペを始め各種コンペ会場としての利用されることも多いので日本人には馴染み深いコースです。
長年に渡り、国際畑を歩んでこられた唐木さん。来比1年弱で習慣の違いなどに戸惑いつつも多くのスタッフを取りまとめ、さらに過去の経験を活かし自ら現場へ出向くことも。現在は日系企業向けの移転、新設などのお手伝いを中心に、今後はより業務に踏み込んだサービスを展開していく予定だ。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
今回は知り合いの格闘家入江さんが試合に出場するという事で観戦に行きました! 今回がデビュー戦という事もあり応援に熱が入ります!
フィリピンに数あるゴルア場の中でも名門中の名門が Manila Golf。歴史をひも解くと1901年に力口ーカン に開場。後1949年に現在のマカティ市に場所を移して います。都心部の中心に位置しコース脇に高層ビルが 立ち並んでいますが都会の喧騒とは無緑でコース内 はとても静かで落ち着いた空問となっています。
とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。
フィリピン事業を撤退することになりましたので、現地子会社をなるべく早く清算したいのですが、どのような手続が必要ですか?
オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
名門ゴルフコースの一角を成すサンタエレナ。1stナインから3rdナインまで計27ホールの構成で距離がしっかりとある難コース。コースメンテナンスの状態は非常に良いですし、サンタエレナのゲートからクラブハウス、クラブハウス内の雰囲気も素晴らしいので一度はラウンドしてみたいコースです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel