ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第8回

上達への近道!ALBAがお届けする極上ゴルフテクニック 第8回
広告
広告

「5番ウッド」練習法



5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。
ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。



アイアンで練習すると軸が左に傾いても気づかない


カット打ちでも打てるから、悪いクセに気づかない


ドライバーで練習すると軸は右に傾く


右に傾いてもある程度は打ててしまうのが問題だ!


藤田寛之のスイングを弾道解析器「トラックマン」で計測したところ、ドライバーはややアッパーで打っていた。
「いつの間にか、もっと極端なあおり打ちになっていることもあります」(藤田)。片やアイアンはより顕著にダウンブロー軌道に。
「上体が突っ込んだカット打ちになっていても、ある程度は打ててしまうんです」と警鐘を鳴らす。


ドライバーもアイアンも腰は水平に回すのが正解
ドライバーでばかり練習をすると、球を上げようとスイング軸が右に傾く。また、アイアン練習ばかりだと体が突っ込むカット打ちになっても気づかない。どちらにしても軸が右左に傾いてしまい、いいことがない。
 ところが5番ウッドだけは違うというのが藤田寛之。「5Wはレベルインパクト。ボールに真ヨコからコンタクトしているでしょう。これを練習し続けることで腰は水平に回り、スイング軸が傾かないんです。ドライバーもアイアンも、軸を傾けずに腰が水平に回ればスイング精度は格段に上がりますよ」
 しかも、5Wならミスの傾向からスイングの欠点がすぐに把握可能。5Wで練習をするということは、メリットだらけだったのだ!



5Wならミスの原因が分かる


左曲がり ➡ 軸が左に傾き打ち込み過ぎ


右曲がり ➡ 軸が右に傾いたすくい打ち


入射角0度のレベルインパクトが正しいウッドの場合、少しでも軌道がズレると球筋に顕著に出てくる。
軸が右に傾いてすくい打ちになると打球は右へ、逆に突っ込むとフェースがかぶって左へのミスが出る



「ヘッドの入射角が0度だから腰が水平に回る」


「軸が傾かない」


「他の番手もバッチリ打てるようになる!」


藤田寛之の5番ウッドを高速カメラで激写。右足の前からヘッドが水平に動き、
ボールをとらえているのがわかる。傾かないスイング軸を作るには、この5番ウッドが最適なのだ



このレッスンの続きは「電子版ALBA」で!
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.alba.co.jp/magazines/e_book.php

広告
広告
広告

上達への近道!ALBAゴルフ

右への移動を減らしてその場で回転スイングにチェンジ!昨年のスイングと比較すると、その違いはより明確になる。体を揺さぶる動きが消え、スムーズで効率的に進化した。
トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
アイアンはダウンブローに打つ。その本質は変わらないが、クラブの進化で打ち方は全く違ってきた。
今の主流はゆるやかに上から打ち込み、ターフを取らないダウンブロー。最新ギアを生かし、どんなライにも対応できる打ち方だ。
強すぎるグリッププレッシャーはヘッドの走りを妨げて、振り遅れの原因になる。永峯咲希は、ショット直前に右手を脱力させることでショットの安定感を高めているという。
「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。

上達への近道!ALBAゴルフ 一つ前のコラムを見る

上達への近道!ALBAゴルフ
アイアンの意識はレベルブロー。理想はターフを取らずに、クリーンにボールをとらえることです。でも、ボールを最後までしっかり見ようとする意識が強いと、体が止まって手打ちになる。左肩が上がってあおり打ちになりやすいんです。なので私は、左肩が上がらないように腰と肩を回す意識を持っています。

その他

2017年にADBの総裁首席補佐官に就任した池田さん。新卒で財務省に入省後、活動の幅をバングラデシュやフィリピンなど海外にも広げてきた。平和な社会の実現に向け、働く組織や国籍を超えて団結する力の育成に邁進する。
授業動画を使って塾に行くよりも格段に安く学習できる方法が日本でも話題になっている。その仕組みをフィリピンの学校の授業にも取り入れているのがQuipper。
こんにちは、ハポンスリーの田中です!今回は「フィリピン人のマシーン紹介」です!毎月グロリエッタで行われているブリキヤードカップ!
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピンのスクラッチをやってみよー!」です。日本のユーチューバーもよくスクラッチチャレンジで何百枚も買ってやっていますよね!
今回はフィリピンのジャンクフードを紹介します!フィリピン人に「お菓子買ってきて」とお願いして実際に買って来てもらったものを紹介します!なので今回はオススメお菓子を紹介する訳ではありません。普段フィリピン人が食べているであろうお菓子を紹介します!
南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイントゴルフエステイト。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。
今回僕たちはディビソリアに洋服を買いに行きました。 フィリピンにはUkay ukayと呼ばれる古着屋さんがたくさんあります。 Ukayとは「掘る」という意味があります。 掘り出しものを探す感じからきてるのでしょうか。 今回行ったのはディビソリアの少し外れのトンド教会の近くのUkay ukayです。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!日本でも最近流行っているというタピオカミルクティーはフィリピンではだいぶ前から流行っていて、至る所にミルクティー屋さんがあります!
フィリピンの大人気ビールといえばサンミゲルビール! 常夏のフィリピンで最高の飲み物です。 ただサンミゲルビールといってもたくさん種類があります。 ということで今回僕たちは「利きサンミゲル」をしてみました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel