ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第10回 Arbyのフィリッピン日和

第10回 Arbyのフィリッピン日和
広告
広告

 こんにちは!アシスタジアのセクレタリー、Arbyです。 この間、フィリピンの観光省が去年の外国人観光客は過去最高を記録し、 そのうち日本人は37万5千人だって言ってた。アシスタジアへ視察に来てくれた 日本のお客さんを市内観光へ連れて行ってるから、 Arby達も多少はフィリピン観光省に協力してるね! なんてボスと話をした時のことについて書こうと思います。

 観光省の話だと日本からの観光客は全体の 約10%。今年フィリピンが目標としている観光客数が450万人だから、 日本からは45万人来て欲しいみたい。Arbyは日本に対して人口が多いイメージがあったから 「フィリピンのイメージが良くなれば、すぐ45万人くらい来ちゃうよね?」 ってボスに聞いたんだ。そしたらボスは少し真面目な顔をして 「日本人は減り続けているから、そんなに簡単じゃないかもなー」って言うんだ。

ちょっと気になったからインターネットで調べたら、その結果に驚いたよ。 今から17年前の1995年。まだボスがゲーム会社で働いていた頃の日本人口は凄く多かった。 当時のフィリピンよりも5千万人も多い1億2千5百万! ところがここから日本の人口はピークを過ぎ、 2023年にはフィリピンの人口と同じ位になるらしい。

しかも2050年には「比:日=1.7億:1億」と人口比率が逆転どころじゃなくなっちゃうんだって。 これは当然将来の予想なんだけど、 「このままだと間違いなく現実となって日本の国力は下がるだろうな」 と少し寂しそうにボスが言ってたよ。 ちょっと暗くなっちゃったからArbyが、 「世界人口は2050年に90億人を突破するらしいから、パーティーの回数は増えるね!」って言ったらボスが、 「その時の日本は約4割が高齢者で平均年齢は50過ぎ。パーティーなんてデキるのか?」と笑いながら答えたね。

 この問題に大きく関与している出生率の低下原因は解らないけど、 Arby も大好きな日本の元気が無くなるのなら、それはとても悲しい事だと思ったね。 今回は日本のボスと働くArby 自身がフィリピンとの違いを考える良いキッカケになった。 Arby にとって日本はとても大事な国。 当然日本の仕事をしているからというのもあるけど、 また行きたいと思う程に日本が好き。今すぐには良い手段は浮かばないけど、 マニラの観光大使として勝手に頑張るよ。 今回は真面目な話をして頭痛がするので気分転換&下調べとして今からパーティーに行ってくるね!Arbyでした。    

広告
広告
広告

Arbyのフィリッピン日和

日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

Arbyのフィリッピン日和 一つ前のコラムを見る

Arbyのフィリッピン日和
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

その他

フィリピンに住んでいるとタトゥーを入れた人をよく目にします。 ほとんど全員入ってるんじゃないか?と思ってしまうくらいいます。 フィリピンでタトゥーはオシャレのひとつで、髪を染めるくらい気軽にやっている気がします。
フィリピンではその地区ごとで週に2,3回ほどバレーボールをしているみたいです。 メンバーは主婦の方たち。 いわゆる「ママさんバレー」です! チーム数も多くいつも白熱しています!
皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む
フィリピンではPhilippine Golf Tour (PGT)というプロツアートーナメントが1年を通じて開催されています。2017年のスケジュールでいえば2月2日~5日までThe Country Clubで開催されたトーナメントを皮切りに11月15日~18日のWack Wack Golfで行われるツアーまで18試合が予定されています。
来比10年目になる齊藤さん。女性ばかり400人のオフィスを束ね、今年は新たにパンガシナンに350人規模のオフィスを立ち上げました。日本の企業文化を浸透させるためにフィリピン人に寄り添って繰り返しぶれずに意思を伝えてきました。今度はその精神を受け継いだフィリピン人スタッフが教育にあたります。
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel