ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第12回 Arbyのフィリッピン日和

第12回 Arbyのフィリッピン日和
広告
広告

第12回 『カンパニーパーティー』


読者の皆様、こんにちは。アシスタジアで セクレタリーをしているArbyです。フィリピンで の生活に馴染みすぎたボスは街中でタガログ語で 話し掛けられる程にまで成長。でもタガログ語は 得意じゃないから英語で答えると「あなたPINOY じゃないの!?」と驚かれるらしい。今回はそんな ボスの変化について書こうと思います。今やフィリピンにすっかり馴染んだボスも、 日本では普通のサラリーマンだった。その頃に 培った経験や知識を土台にアシスタジアを運営し ているからArbyの会社は日本スタイルと言っても 良いと思う。だけど、その日本スタイルは今まで のフィリピンには無い物だったから、Arbyも含め スタッフ全員が「日本人は何でそんなに細かいの?」 と驚いてたっけ。

そんなわけで最初はボスに怒ら れてばかりだったけど継続は力なり。今でも 「更に上を目指せ」と言われるけれど、みんな随分 と責任感が強くなった気がする。これは異文化 交流によって生まれた良い効果だったなと思う。逆に純日本人のボスはフィリピン文化に何度も 驚かされたみたい。日本だとクリスマスは当然 冬で雪が降る程に寒い。だから室内で家族や友達、 またはガールフレンドと過ごすのが一般的らしい んだけど、

フィリピンで過ごした初めてのクリス マスでは薄着の若者が大勢で、しかも路上で 椅子取りゲームをしてる姿を見たとか。「日本で は、あまりパーティーという文化が浸透していな い、とはいえ新鮮だった」ってボスが言ってたよ。 そこでArby達はパーティーの楽しさを知って貰う 為に、カンパニーパーティーを催したんだ。最初 はパーティーの雰囲気に馴染めず手持ち無沙汰な 感じだったけど、スタッフと歌ったり遊んでいた らアッという間に溶け込んでいたよ。その時 Arby は思ったね。

これでボスはフィリピンなら どこのパーティーに出ても大丈夫だ! ってね。 それからは色々な人と知り合えるパーティーへ積 極的に参加するようになった。新しい出会いから 新しいビジネスが生まれる事もあるから絶対に 良い事だよね。今となってはボス自ら率先して パーティーを企画してる。司会はスタッフに任せ る事が多いんだけど、その時に笑顔で色々な人と 話をしているボスを見るとArbyは嬉しくなるよ。  今回の話は違う文化が一つになる事で生まれた 相乗効果のサンプル話だと思います。まだまだ他 にも沢山エピソードがあるので、これからも宜し くお願いしますね。Arby でした。

広告
広告
広告

Arbyのフィリッピン日和

日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

Arbyのフィリッピン日和 一つ前のコラムを見る

Arbyのフィリッピン日和
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

その他

フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
マンダムフィリピンの川北さんに、フィリピンの日用消費財市場の特徴や現地に拠点を設けて行うマーケティングの利点を伺いました。
20年以上続くマニラ日本人会の伝統的なサークル「テニス同好会」で、一緒に汗を流しませんか?
改正された会社法で認められた一人会社とはどのような会社ですか?
フィリピン住みます芸人の堀越です。 今回僕はたまたまマニラに遊びに来ていたベトナム住みます芸人ダブルウィッシュ井手と一緒にプエルトガレラに行ってきました!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はフィリピンの道端で売られていた、よくわからないデザートを4種類ほど買って食べてみました!
マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。
マニラ方面からSLEXでカルモナまで南下。高速を降りて西に向かって30分~40分ほどの距離に立地しているのがSherwood Hills GC。フェアウェイ及びグリーンがよく整備され、景観の美しいコースです。ただし、傾斜がきついところが多くフェアウェイからでも傾斜のため思った以上に難しいショットになってしまうケースもあります。
こんにちは、ハポンスリーの田中です! 今回は「またまたミニ四駆!〜日本人レーサーを増やしたくて、、」です。前回の動画に続きまたまたミニ四駆です!
前回は会社側と労働協約を締結する労働組合が決まるまでの手続きについてお話させていただいております。今回は労働組合と労働協約締結に向けてどのような交渉を行うのかについてお話しいたします。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel