ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第12回 Arbyのフィリッピン日和

第12回 Arbyのフィリッピン日和
広告
広告

第12回 『カンパニーパーティー』


読者の皆様、こんにちは。アシスタジアで セクレタリーをしているArbyです。フィリピンで の生活に馴染みすぎたボスは街中でタガログ語で 話し掛けられる程にまで成長。でもタガログ語は 得意じゃないから英語で答えると「あなたPINOY じゃないの!?」と驚かれるらしい。今回はそんな ボスの変化について書こうと思います。今やフィリピンにすっかり馴染んだボスも、 日本では普通のサラリーマンだった。その頃に 培った経験や知識を土台にアシスタジアを運営し ているからArbyの会社は日本スタイルと言っても 良いと思う。だけど、その日本スタイルは今まで のフィリピンには無い物だったから、Arbyも含め スタッフ全員が「日本人は何でそんなに細かいの?」 と驚いてたっけ。

そんなわけで最初はボスに怒ら れてばかりだったけど継続は力なり。今でも 「更に上を目指せ」と言われるけれど、みんな随分 と責任感が強くなった気がする。これは異文化 交流によって生まれた良い効果だったなと思う。逆に純日本人のボスはフィリピン文化に何度も 驚かされたみたい。日本だとクリスマスは当然 冬で雪が降る程に寒い。だから室内で家族や友達、 またはガールフレンドと過ごすのが一般的らしい んだけど、

フィリピンで過ごした初めてのクリス マスでは薄着の若者が大勢で、しかも路上で 椅子取りゲームをしてる姿を見たとか。「日本で は、あまりパーティーという文化が浸透していな い、とはいえ新鮮だった」ってボスが言ってたよ。 そこでArby達はパーティーの楽しさを知って貰う 為に、カンパニーパーティーを催したんだ。最初 はパーティーの雰囲気に馴染めず手持ち無沙汰な 感じだったけど、スタッフと歌ったり遊んでいた らアッという間に溶け込んでいたよ。その時 Arby は思ったね。

これでボスはフィリピンなら どこのパーティーに出ても大丈夫だ! ってね。 それからは色々な人と知り合えるパーティーへ積 極的に参加するようになった。新しい出会いから 新しいビジネスが生まれる事もあるから絶対に 良い事だよね。今となってはボス自ら率先して パーティーを企画してる。司会はスタッフに任せ る事が多いんだけど、その時に笑顔で色々な人と 話をしているボスを見るとArbyは嬉しくなるよ。  今回の話は違う文化が一つになる事で生まれた 相乗効果のサンプル話だと思います。まだまだ他 にも沢山エピソードがあるので、これからも宜し くお願いしますね。Arby でした。

広告
広告
広告

Arbyのフィリッピン日和

日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

Arbyのフィリッピン日和 一つ前のコラムを見る

Arbyのフィリッピン日和
日系企業で働くセクレタリー(秘書)Arby 日本での生活経験もある彼が紹介するフィリピン。 現地人ならではの知識と日本生活で培った視点でリポート。

その他

学生時代のほとんどを海外各地で過ごされた青木さん。そんな国際的センスの持ち主がフィリピン市場に魅力を感じ、いよいよ6月にフィリピン初の店舗をオープン。日本式の測定、加工までを手がける技術を持つ販売員の育成に努める他、アプリの開発も手がけるなど、メガネ店の可能性をあらゆる角度から追求します。
フィリピン人講師とスカイプを使ったレッスンと、常識を打ち破る低価格戦略が功を奏し、オンライン英会話業界を牽引するレアジョブ。加藤智久社長にお話をお聞きしました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回はフィリピンのおやつの定番『バロット』に挑戦してきました。皆さんバロットをご存知でしょうか?
フィリピンではPhilippine Golf Tour (PGT)というプロツアートーナメントが1年を通じて開催されています。2017年のスケジュールでいえば2月2日~5日までThe Country Clubで開催されたトーナメントを皮切りに11月15日~18日のWack Wack Golfで行われるツアーまで18試合が予定されています。
ジャンボ流アプローチのポイントは右手の押し込み。角度を保って、フォローで長く押し込むように使う。小平は「まだまだマスターできていませんと謙遜するが、なかなかどうして、右手の使いはそっくりだ。
最新ギア打ちこなすには、体幹を使ったバックスイングが必要だ。横田が実践しているのは、1キロのメディシンボールを使った練習法。左手にパスしたボールの反動を利用し、キュッと締まった体幹を使って投げ出す感覚が正しいバックスイングのイメージだという。
今回はマニラで活動している日本人サッカーチームMAJ(Manila all Japan)にお邪魔してサッカーをしてきました。 主な活動として毎週月曜日と水曜日の22時からマカティでフットサルをしているのと、 日曜日にはBGCなどのサッカーグラウンドで試合をしています。
コスり球のイヤ~なイメージが消える、右肩を前に出して体の正面で打つ。高校3年生までフェードを打っていた星野陸也は持ち球をドローに変えた。それが功を奏し、22歳になった今年、ツアー初優勝を遂げた。「マキロイのように体の回転でドローを打ちたい」と語る。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピンで年末をすごします」です!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel