ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第四十七回ビジネス烈伝 / Benmark Group Holdings Jeroen van Stratenさん

第四十七回ビジネス烈伝 / Benmark Group Holdings Jeroen van Stratenさん
広告
広告

フィリピン外食産業や様々な分野で急成長を遂げる

Benmark Group Holdings
Jeroen van Stratenさん

オランダ生れ。1997年に、オーストラリアのシドニーに移住しシェフとして働き始めた。その1年後、フィリピンでシェフへ移りシェフを続けながら外食産業のコンサルタント業務に従事。2007年、ペッパーランチなど様々なフランチャイズを展開するBenmark Group Holdingsを設立。リチャード・ブランソンの格言、「Screw it. Let’s do it.」(小さいことは気にせず、とにかくやってみよう)を座右の銘に、いつも新しいことにチャレンジしている。

尊敬する人
義理の父であるManuel Zamora Jrとイギリスの実業家リチャード・ブランソン氏、MegaworldのAndrew Tan氏、SMグループのHenry Sy氏です。共通しているのは、何もないところからビジネスを創り上げ成功している人たちということです。

フィリピンでシェフとして活躍する傍ら、外食産業のコンサルタント業務に従事していたStratenさん。2000年から2007年までは、スターバックスにてサンドウィッチの開発に携わる。2007年、日本全国で展開しているステーキ店「ペッパーランチ」とアジア各国に店舗を持つしゃぶしゃぶレストラン「しゃぶ里(Shaburi)」のフランチャイズを運営する会社、Benmark Group Holdingsを設立。

 

 

編集部

 

Benmark Group Holdingsを設立されたきっかけを教えてください。

 

Jeroen van Stratenさん

 

私はシェフとして外食業界に長く携わってきました。1998年、シドニーを後にしてフィリピンでシェフをしていた頃、たまたまあるフードサービス企業からコンサルタントをしてほしいと頼まれたのです。その企業のコンサルタントは、2000年から2007年までやっていました。主にスターバックス向けのサンドウィッチや、セブンイレブンやミニストップなどのコンビニエンスストア向けのフードメニューの開発をしていました。いろいろな商品の開発を手掛けているうちに、自分でも何か初めてみたいと、思ったのが一番のきっかけです。

 

 

編集部

 

Benmark Group Holdings, Inc.では現在どのようなものを手掛けられていますか?

 

Jeroen van Stratenさん

 

最初のフランチャイズ運営は、2008年5月にパワーブラントモールにオープンしたペッパーランチです。2009年には空調などを取り扱うAir & Odor Managementを開始。その後、手軽に焼き鳥を食べられるYakitori Oneを始めました。しゃぶ里はペッパーランチの関係者の方から紹介されました。あとはオンラインカジノゲームのDefinite Gamingや輸出入を主に行うBMC Weltrade。最近ではカナダの会社で、カビ駆除を行うMold Bustersのフランチャイズを始めました。まだまだいろいろな運営に挑戦していきたいと思ってます。

 

 

編集部

 

なぜ日本のレストラン、ペッパーランチからスタートされたのでしょうか?

 

Jeroen van Stratenさん

 

シンガポールに行ったときに、妻がペッパーランチに大変興味をもったのがきっかけです。当時、フィリピンにはあのようなスタイルのレストランはありませんでした。すると妻が「私たちもやってみましょう」と私に言いました。私もペッパーランチの店の雰囲気を見てフィリピンでも「行ける」と思いました。実は、フィリピンでのフランチャイズを申し込んだのは、私たちが3組目でした。フランチャイズの話し合いはアジア地域を統括しているシンガポールで行っていると知り、シンガポールに飛び、ペッパーランチ担当の日本人の方とお話をさせていただきました。担当の方はシェフである私を大変気に入ってくださり、フランチャイズの権利を譲ってくださいました。

 

 

編集部

 

ペッパーランチがフィリピンで成功している秘訣はなんだと思いますか?

 

Jeroen van Stratenさん

 

2008年5月に第一号店をパワープラントモールに出店し、その年の12月に2号店を開店しました。毎日たくさんのお客様が来店して下さる中、ただ一生懸命に働いてきました。当時、このようなフランチャイズがあまりフィリピンになかったのが良かったのではないかと思っています。急速に成長し、来年は10周年。これまで35店舗のペッパーランチをオープンすることができました。現在新たに8店舗の開店が決まっています。

 

 

編集部

 

フィリピンでビジネスをするにあたり困ったことはありますか?逆に良いことは?

 

Jeroen van Stratenさん

 

やはり国籍の問題が一番です。ある業界に関して言うと、フィリピン国籍を持っていないと所有できない企業などもあります。そのような点で、スムースに行かないことのほうが多いです。フランチャイズの契約等で、地方自治体と折り合いがつかないなんてこともあります。けれど、良いところもたくさんあります。まず市場規模が大きい。これからどんどん拡大していくでしょう。一から物事を始めるときも、日本やほかのアジア諸国、ヨーロッパなどに比べ低予算で済む。フィリピンが魅力的な国だというのは、近年多くの外国人がここに移り住んできていることで証明できます。また、フィリピンの人たちは勤勉で器が大きく親切です。

 

 

編集部

 

毎日のスケジュールは?

 

Jeroen van Stratenさん

 

毎朝5時半に起き、自宅で朝食をすませます。そして、ジムか自転車か水泳のどれかの運動を欠かしません。9時か10時ごろに出勤し会議をします。その後は店舗に出向いたりビジネスパートナーと打ち合わせをしたり、日によって様々です。退社はだいたい4時。あまりだらだらと仕事をするのは私の気質には合っていません。

 

 

編集部

 

Benmark Group Holdings, Inc.の今後についてお聞かせください。

 

Jeroen van Stratenさん

 

BPOへの進出も考えていますが、まだ具体的には何も決めてません。また、ゲーム分野をもっと広げていきたいなとは思ってます。オンラインビジネスはまだまだこれから発展すると思います。リスクも大きいですがグーグルの分析で、フィードバックを確実に得られるためコントロールしやすいのが特徴です。

 

 

広告
広告
広告

ビジネス烈伝

現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
幼少期から世界各地で生活をしてきたが、フィリピンに惚れ込んで転職までしたという梅林さん。休日は現地調査も兼ねて各地を巡り、現地の人と話しをするのが楽しみという。「フィリピンについてより多くのことを深く知りたいという思いが、日系企業の役に立ち、更にフィリピンの発展につながれば」と語る真摯な姿が印象的だ。
フィリピンの文化に根付いた実用的で、高品質の家電を提供し続けたパナソニック。その大きな船の舵取りを担う林さんは節目の今年、パナソニックビューティーの販売にも力を入れ生活家電から次のステップへ。フィリピンの経済成長の波にのり、新たなパナソニックの歴史を刻んでいきます。
台湾新幹線の一大プロジェクトを担った永山さん。その経験からフィリピンでも、ローカル社員との関係を築くコツは心得ている。ローカルスタッフとの信頼関係を大切にしていると語る永山さんの人柄は、そのまじめな語り口からも伺えた。今回、そんな永山さんのこれまでの経緯などあれこれと伺ってみました。
たまたま入社できたと謙遜する清水さんは、日立でその当時人気の海外営業を担当。東南アジアを中心に世界各地で活躍してきたグローバルな視野を持ちながら、その話しぶりはとても気さくだ。輸出の対象から生産拠点、そしてマーケットへ。海外に根を張って事業を行うに至るまでの日立の歴史も興味深いものだった。

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
自身の体験から整体の技術をゼロから学び、フィリピンに進出。整体に馴染みのないフィリピン人に指導し、国内に10店舗を構えるまでに浸透させてきました。ホスピタリティが大切な業界で生きてきた成瀬さん。フィリピンのマーケットやポテンシャルに大きな魅力を感じ、ここで会社が大きく成長するのを見届けたいと言います。

その他

フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
フィリピンといえばカラマンシーが有名ですが、それに関するチャレンジをご存知でしょうか? 名前はズバリcalamansi challenge. そのままですね。
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。
こんにちは、ハポンスリーの井上です!僕は普段日曜日にMAJ(マニラオールジャパン)という日本人サッカーチームでサッカーをしているのですが、そこで試合中、腰を痛めてしまいました。という事で、今回はその治療の為にフィリピンで針治療に行ってみました!
最新ギア打ちこなすには、体幹を使ったバックスイングが必要だ。横田が実践しているのは、1キロのメディシンボールを使った練習法。左手にパスしたボールの反動を利用し、キュッと締まった体幹を使って投げ出す感覚が正しいバックスイングのイメージだという。
ほかの商材に比べて規制が多いものの、顧客のロイヤリティが高いタバコ。
タバコ事業立て直しのカギをJTIの後藤さんに尋ねました。
今回は知り合いのフィリピン人の子供がキリストの洗礼式(binyag)をするという事で参加してきました!
幼少期から世界各地で生活をしてきたが、フィリピンに惚れ込んで転職までしたという梅林さん。休日は現地調査も兼ねて各地を巡り、現地の人と話しをするのが楽しみという。「フィリピンについてより多くのことを深く知りたいという思いが、日系企業の役に立ち、更にフィリピンの発展につながれば」と語る真摯な姿が印象的だ。
クラークの工場で月に81万本のタイヤを生産する能力を有する横浜ゴム株式会社(以下 「ヨコハマタイヤ」という。 ) 。フィリピン国 外にも広く輸出。タイヤは乗員の生命を預かる役目も担っているからこそ、ジャパンクオリティの高品質なタイヤをフィリピンの方にもお届けしたい。そんな想いを持つ、YOKOHAMA TIRE SALES PHILIPPINES INC. の針山さんにお話しを伺いました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel