ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第七十二回ビジネス烈伝 / UCC上島珈琲フィリピン CEO ヒューバット・ヤングさん

第七十二回ビジネス烈伝 / UCC上島珈琲フィリピン CEO ヒューバット・ヤングさん

“現地目線の鋭いマーケティングで、日本食の真の美味しさを伝える”

UCC上島珈琲フィリピン
Hubert Young, CEO of UCC Ueshima Coffee Philippines, Inc.
ヒューバット・ヤングさん

米国Marquette University 卒、30年以上食品業界に携わり2014年にUCC上島珈琲との合弁会社として設立されたUCC Ueshima Coffee Philippines、Inc.のCEOに就任。UCC、CoCo壱番屋、しゃぶ里、KINTAN、大和ベーカリーカフェなどの人気ブランドをフィリピンで展開する立役者の一人。

 

2014年にジョイントベンチャーとして設立されたUCC上島コーヒーフィリピンのCEOを務めるHubert Young氏。三ツ矢堂製麺など多くの日本食事業をフィリピン展開する架け橋となり、飲食業界を30年以上率いてきた。フィリピンの外食産業を豊かにするために、様々な現場から新しい事業の種を探し続ける。

 

 

編集部

 

これまでのご経歴を教えてください。

 

ヒューバット・ヤングさん

 

フィリピンは人口が多く、経済成長が期待できる有望な国のひとつです。現地の人々も肉や日本食を好んで食べています。GDPの成長とともに市場が成長していく段階から店舗を展開することで、しっかりとした収益基盤を築けるのではないかと考えました。立地が良く人通りも多いマカティのグロリエッタに第一号を出店したので、知名度を短期間で上げていきたいと思います。

 

 

編集部

 

なぜUCCや上島コーヒーにご関心をもたれたのでしょうか??

 

ヒューバット・ヤングさん

 

アジアを旅行した際に香港の上島コーヒーに行ったり、スーパーでUCCの商品を買ったりするうちに、UCCや上島コーヒーに興味をもつようになりました。フィリピンにいる多くの人が、アメリカのブランドに対して憧れを抱いています。飲食店でいうとカリフォルニアピザキッチンやTGIフライデーズなどが一例です。私は「他の人と違う自分でありたい」という思いが強かったので、自然とアジアに対して興味が湧いたのかもしれません。「いつかはフィリピンにUCCを出店したい」という気持ちが大きくなり、次第に夢へと変わっていきました。しかし私が手に取ったUCCのパッケージに書かれていた言葉は、すべて日本語。どうやってフィリピンにUCCを出店するのが最善策か、そしてコストをどうやって下げたらよいのか非常に悩まされました。UCCのコーヒーはフィリピンの一般的な物価から考えると値段が高かったのです。フィリピンの多くの人に飲んでもらえるように、日々試行錯誤していました。

 

 

編集部

 

ホテルでコーヒーをゆっくりと楽しむことがあります。

 

ヒューバット・ヤングさん

 

フィリピン人は食べたりおしゃべりをしたりするのが大好きです。ビジネスシーンでも、コーヒータイムでホテルを訪れ、ティータイムをゆっくりと楽しむこともあります。私の理想とするコーヒーショップはホテルのようにリラックスしたムードでゆっくりとあじわいを楽しめるような空間でありたい。そこでエスプレッソではなくサイフォン式のコーヒーを提供するなど、細部にまでこだわりをもちました。

 

 

編集部

 

これまでに携わってきた日本食のフランチャイズ展開について教えてください。

 

ヒューバット・ヤングさん

 

2011年ごろからフィリピンではラーメンが流行し、三ツ矢堂製麺をマカティに出店しました。この店は普通のラーメンではなく、つけ麺に特化した点が特徴です。同業他社との違いを明確に打ち出しました。UCCとコーヒー製造ビジネスのジョイントベンチャーをはじめたのは2014年。800トンものコーヒーを製造するほど事業は軌道にのり、2015年には「CoCo壱番屋」と携わるきっかけもできました。その後「しゃぶ里」「KINTAN」やモスバーガー様と協業する話が進んでいきました。

 

 

編集部

 

日本に対してご関心が高いのはなぜでしょうか?

 

ヒューバット・ヤングさん

 

旅行などで何度も日本を訪れるうちに、日本の文化や食事に対して非常に興味をもつようになりました。今でも日本に行く度に様々なことを学ばせてもらっています。例えばコンビニエンスストアでは食のトレンドを掴んだり、誰がどの商品を購入するかを考察したりするのが好きです。

 

 

編集部

 

飲食店を経営するうえで大変なことを教えてください。

 

ヒューバット・ヤングさん

 

小売飲食は最も厳しいビジネスだといえます。これまで様々な課題に直面してきましたが、課題を通じて私たちも辛抱強く解決策を考え続けてきました。最も難しいのは、多くのお客さんや従業員とのコミュニケーションです。私たちは1000人以上もの従業員を雇用しており、全員がフルダイムで直接契約を結んでいます。会社を設立した当初からともに働いているメンバーは、まるで家族のような関係になってきていますね。

 

 

編集部

 

フィリピンの飲食業界をどのように分析されていらっしゃいますか?

 

ヒューバット・ヤングさん

 

今後大きく成長する市場だと思います。フィリピン人ひとりあたりの可処分所得は拡大していますし、人口も増えています。さらに様々な新しいビジネスチャンスが出てくるでしょう。私たちはこれまで高級層から中間層までをターゲットにしたビジネスを展開してきましたが、これからはもう少しターゲット層も広めていきたいと思います。

 

 

編集部

 

次はどのようなビジネスを考えているのでしょうか?

 

ヒューバット・ヤングさん

 

マーケッターとして最も重視しているのがブランディングです。フィリピンに日本食を広めることが私の使命であり、この先も関わっていきたいと思います。そしてフィリピンの多くの人に、日本食の本当の美味しさを知っていただきたいです。私は自社ブランドを所有してはいませんがブランドが大好きですし、自分でブランドを所有するようにビジネスを経営しています。新しいブランドを設立する必要はありません。私のブランドは「Hubert Young」という私自身だと思っています。常に現場感を大切にし、会社を大きく成長させるためには、一歩引いた場所から市場全体を見極め、経営方針を決めることが大事です。

 

 

広告

ビジネス烈伝

ラーメン業界の競争が激しいフィリピンにおいて、リーズナブルな価格で勝負をする「RAMEN KURODA」。店舗すべてを直営で展開し、本物の味と質の高いサービスを追求する。
いまではフィリピンを代表する産業に発展したBPO業界。その成長を牽引してきたのがDTSI(Diversified Technologies Solution International)グループだ。
フィリピン国内最大手の総合人材会社でもあるジョンクレメンツパーソルフィリピンジャパンデスクでManagerを務める田渕大輔さん。クライアント· 求職者はもちろんのこと、社員やパートナー企業など関わるすべての人々に対して謙虚に接し、信頼関係の構築に意欲を燃やす。様々な業界で必要とされる人材の輩出を通じて、フィリピンの経済発展を後押しする。
学生時代に人の心の豊さについて興味を抱き、現在は人事コンサルティングやマネジメントなど人に関わる総合的な仕事を通じて、国内外の企業の支援に注力する。

ビジネス烈伝 一つ前のコラムを見る

ビジネス烈伝
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。

その他

フィリピンにあって日本に無いフルーツはたくさんありますが、中でも今回は「酸っぱいフルーツ」を食べてみました。 フィリピンで酸っぱいフルーツといったら「カラマンシー」が浮かぶと思いますがカラマンシー以外にもあるんです!
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「ミニ四駆の大会に行ってきました!」です。
アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「サバイバル in スネークアイランド!」です!実は一年まえにスネークアイランドというスービックの小さな島 でサバイバルをしてたんですが、色々あり編集してなかった動画を今回はしっかり編集してみました!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「チキンチャレンジ」です!フィリピンのファストフード店には必ずと言っていいほどフライドチキンとライスセットがあります。
セカンドショットでグリーン近くまでボールを運ぶも SWのザックリ、トップでまさかのダブルボギー…。 そんな経験はありませんか? それは技術ではなくクラブ選びが一番の問題。 PWを使えば超簡単なんです。
日本を代表する総合商社、三菱商事が戦後マニラに拠点を置いてはや60年。世界を舞台に活躍し、現在マニラ支店で陣頭指揮をとる天野善夫支店長にお話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー