ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! Manila Golf マニラゴルフ

フィリピンゴルフ! Manila Golf マニラゴルフ
広告
広告

 
Manila Golf


 フィリピンに数あるゴルア場の中でも名門中の名門が Manila Golf。歴史をひも解くと1901年に力口ーカン に開場。後1949年に現在のマカティ市に場所を移して います。都心部の中心に位置しコース脇に高層ビルが 立ち並んでいますが都会の喧騒とは無緑でコース内 はとても静かで落ち着いた空問となっています。
ティーオフの時問は決まっておらず、ティーグラウン ドの空き状況を見てそれぞれのグルーブが好きなタイミ ングで出ていくのもこのコースの特徴です。メンバーと 同伴プレーヤーとレストランで待ち合わせ、朝食を取っ たリ、コーヒーを飲んだり。談笑をしながら「そろそろ行きますか?」とティーグラウンドに向かう。マニラゴルフの中だけ時間がゆったりと流れているように感じます。

 
コース


 コース全長は6325ヤードのパー71。長くはありませ んが木や池の配置が絶妙ですフェアウェイやグリーンもアンジュレーションがきつく距離以上の長さを感じます。決して簡単ではあリませんが、メンテナンス されたフェアウェイ、美しい景観の中でのプレーは最高です。茶屋で用意されているドリンクや各ホールの ティーグラウンドに設置してある冷えた水も嬉しいサービスです。
名物ホールは6番ショートホール。左サイドの池と右手のバンカーが効いています。グリーンが左に傾斜しているため右から打っていきたいところですが、右に行きすぎると池に向かって下りのアプローチが残ってしまいます。狙い目はバンカーをキャリーでちょうど超えるような球、でしょうか。出来たら苦労しないのですが(笑。
 16番の池越え200ヤードのショートホールも名所です。少しでも薄いあたりをしてしまうと池に落ちてしまいますし、打ち直しドロップエリアもバンカー越えの難しポジション。とにかく池を超えることようにしっかり打つのがポイントでないでしょうか。
メンバーも少なくなかなか行く機会の少ないゴルフ場ですが、一度は行きたいゴルフ場のひとつです。

 

6番パー3。グリーン手前バンカーを超えたところにキャリーさせたい

16番200ヤードのパー3。グリーン左側に逃げるのも作戦

 
詳細

18ホール/パー716,325



プレイフィー:要会員紹介

◆平日/P2,000

◆休日/P3,000

住所:C.C.P.O. BOX 1792, 1219 MAKATI CITY, PHILIPPINES

電話番号:02-815-2641 / 817-0266 / 817-4948

Home

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

Southlinksはアラバンエリアに立地するパブリックのゴルフコースです。最近ではSLEXから分岐する高速道路MCXが開通したため週末に混雑するアラバン内を通らずにアクセスすることも可能で大変便利です。また、パブリックのためメンバー同伴無しでプレーすることも可能です。他ゴルフ場でも言えることですがフィリピン在住者と旅行者でプレイフィーが異なりIDの提示が求められるため注意が必要です。
Wack Wack G&CCはマニラゴルフ同様、都心部に位置する名門ゴルフ場。チャンピオンコースでプロトーナメントも開催されるEast Courceと比較的やさしいWest Courceの2コースからなる計36ホールです。36ホール設計のためかマニラゴルフほど都会の箱庭感はないですが、それでも周辺のビル群に囲まれてのプレーは独特の雰囲気で特別感があります。新宿御苑でラウンドしているようなイメージでしょうか。
マニラから南に約50km、カンルーバンゴルフクラブに位置するのがThe Country。会員数が非常に少ないゴルフクラブとしても有名で、マニラゴルフ同様プレーできる機会の少ないゴルフ場です。
サンタローザで高速を降り、山間になかに現れる山岳コースがSouth Forbes。非常に狭く、青ティーからでも4886ヤードでパー67の設定でかなり距離の短いコースです。ただし短いからといって簡単なわけではなく、フィリピンの広々としたフェアウェイのコースに慣れた人には少々タフなセッティングかもしれません。
ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
マニラ方面からSLEXでカルモナまで南下。高速を降りて西に向かって30分~40分ほどの距離に立地しているのがSherwood Hills GC。フェアウェイ及びグリーンがよく整備され、景観の美しいコースです。ただし、傾斜がきついところが多くフェアウェイからでも傾斜のため思った以上に難しいショットになってしまうケースもあります。

その他

マニラからNLEXを2時間北上しパンパンガにあるゴルフ場がPradera Verde。2016年12月にオープンした新設ゴルフ場で全27ホール。
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
いよいよドローとフェードのポイントをそれぞれのスペシャリストに聞いていく。オナーはドローヒッターの代名詞的存在ともいえる手嶋多一。逆球(スライス)の出ないドローボールのポイントは右足のカカトにあった。
現在経営するAdMov Marketing Solutionsを含めて、これまでに3社のスタートアップを起業したCapiral氏。企業に勤めた経験や経営者としての視点をもとに、新たなテクノロジーを使った広告を考案。広告業界を大きく変えるチャレンジを続ける。
セブでの研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。
老若男女が泥んこになって汗を流す、タッチラグビー同好会。メンバー大募集中です!
今回僕たちはパシグリバーフェリーに乗ってきました。 パシグ川といえばゴミが多く、水も汚い、そしてなんといっても臭いが強烈なイメージです。実際にパシグリバーフェリーも臭いなどの理由から運行、運休を繰り返しているそうです。運休させるほどの臭いとは一体どのようなものか!を確かめに僕たちは行ってきました。
『労働組合ができそうな場合の対処方法』先月号まではいろいろな事例に基づき、従業員を解雇する ことができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフ...続きを読む
フィリピンに来る前に 「フィリピンでは水道水は絶対に飲んではいけない」 という情報を聞いていました。 なので、来たばかりの時はビビリまくって歯磨きの水ですらミネラルウォーターを使っていました。
一人でも多くの命を救うため、日本のものづくりで医療の進歩に取り組む【プロフィール】 テルモ・フィリピンズ・コーポレーション社長 久保田 徹さん 1954年長野県...続きを読む
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー