ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! Pradera Verde Golf プラデラ ヴェルデ ゴルフ

フィリピンゴルフ! Pradera Verde Golf プラデラ ヴェルデ ゴルフ
広告
広告

 
Pradera Verde Golf


マニラからNLEXを2時間北上しパンパンガにあるゴルフ場がPradera Verde。2016年12月にオープンした新設ゴルフ場で全27ホール。コースのない荒地部分を見ると今後さらに拡張されるのではないでしょうか。新しいということもありますが、施設もさることながらコースのメンテナンスが非常によく素晴らしいコースです。現状でも十分ですが、今後の拡張、開発にも期待したいです。

 
コース


平坦なコースのため池とバンカーを多く絡めることで難易度を上げているように感じますが全体的にはフェアウェイが広く気持ちよくラウンドできます。グリーンのメンテ状態の良さも特筆でボールの転がりが良く適度な速さ。また、コース周辺に景色を遮るような木々もないため景観の美しさは抜群です。19番から27番に該当するサードナインは出来たばかりのため周辺は荒地ですがコースそのものは状態がよく、荒地も今後整備されることと思います。

 
印象的なホール


山を背景にした7番ホール、12番ホール、浮島ショートの15番の景観が印象的です。難易度ですと3番ロングホールでしょうか。3番は右ドッグレッグのパー5ですが、ティーショットはバンカーがありますがさほど気になりません。問題は2打目で、右側が池で、池の淵に大きなバンカーが構えています。これら右のハザードを怖がってどうしても左に行きがち。左に行き過ぎるとどうしても3打目のグリーンを狙うショットが長くなってしまいますし、グリーン右は池で左はバンカー群。3打目の距離が残ったら無理をせずにグリーン手前に打つのが正解かもしれません。

 

山をバックにセカンドを打っていく長めの6番パー4

どのホールも景観が素晴らしいコース

 
詳細

27ホール / パー108

プレフィー /要会員紹介

◆平日:P1,200(9ホール)/ P2,000(18ホール)

◆休日:P1,500(9ホール)/ P2,500(18ホール)

住所:2005 Lubao、Pampanga, LUBAO

電話番号:0917-507-9666

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

先月のPradera Verdeに続きパンパンガゴルフ場を紹介します。Beverly Place Golf ClubはNLEXの高速沿いに位置しSan Fernando出口からも近く、マニラ方面からのアクセスも思いのほか良いです。
前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはタギッグ市。アクセスは良いですし、都心部といえども距離も広さも十分。またパブリックコースのためメンバーと同伴でなくてもお手頃な値段でプレー出来るのも魅力です。
名門ゴルフコースの一角を成すサンタエレナ。1stナインから3rdナインまで計27ホールの構成で距離がしっかりとある難コース。コースメンテナンスの状態は非常に良いですし、サンタエレナのゲートからクラブハウス、クラブハウス内の雰囲気も素晴らしいので一度はラウンドしてみたいコースです。
タガイタイタール湖に近い立地の山岳ゴルフコース。アップダウンがあり、ホール間の移動もそれなりにあるため、カートでラウンジするのが良いかもしれません。しかし山岳コースによくある左右が狭く厳しい印象は無く、メンテナンスの良さも手伝ってとても気持ちよくラウンドできるコースです。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
ラウンド後はクラブハウス隣接のレストランではなく是非ともハイランドリゾート内にある中華かステーキかに足を延ばして頂きたいです。どちらもクオリティーが高く甲乙付け難いのが嬉しい悩みで行く度に迷ってしまいます。The Highhlander Steakhouseからの景色は絶景で天気が良ければテラスからタール湖とMidlandコースが見下ろせます。

その他

今回は「フィリピンの手遊びパッカヌーンが流行っているか検証して見ました。」です。パッカヌーンと最近良く耳にするので、意味を聞いたところ、「いいね」と言う意味らしく今フィリピンでは流行り言葉になっているようです。それが手遊びゲームになったみたいです。日本で言う「せっせっせのよいよいよい」みたいなものです。
フィリピンではその地区ごとで週に2,3回ほどバレーボールをしているみたいです。 メンバーは主婦の方たち。 いわゆる「ママさんバレー」です! チーム数も多くいつも白熱しています!
今年創業50周年を迎えた長大は、この5月にミンダナオ島・ブトゥアン市でパートナーのエクイパルコ社らと開発を進めてきた小水力発電所の竣工式を迎えた。現在はインフラ整備から工業団地の事業まで、ミンダナオ島で雇用創出を通じた民間主導の経済開発を目指して尽力している。その事業を一から手掛けてきたのが加藤さんだ。
SMマーケット、ロビンソン、ルスタンス、ウォルターマート、メトロスーパーマーケット、ランドマーク、ピュアゴールド、ランダーズなど、各スーパーマーケットでお買い求めできます!
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人のHPN3の堀越です。僕の住んでいるトンド地区の近くにはディビソリアという激安マーケットがあって平日でもたくさんの人でごった返しています。
日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。
ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。
プレビルドのコンドミニアムを購入したのですが、引渡予定時期になってもまだ完成していません。何かできることはありますか?
フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もかなり多いです。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel