ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! Pradera Verde Golf プラデラ ヴェルデ ゴルフ

フィリピンゴルフ! Pradera Verde Golf プラデラ ヴェルデ ゴルフ
広告
広告

 
Pradera Verde Golf


マニラからNLEXを2時間北上しパンパンガにあるゴルフ場がPradera Verde。2016年12月にオープンした新設ゴルフ場で全27ホール。コースのない荒地部分を見ると今後さらに拡張されるのではないでしょうか。新しいということもありますが、施設もさることながらコースのメンテナンスが非常によく素晴らしいコースです。現状でも十分ですが、今後の拡張、開発にも期待したいです。

 
コース


平坦なコースのため池とバンカーを多く絡めることで難易度を上げているように感じますが全体的にはフェアウェイが広く気持ちよくラウンドできます。グリーンのメンテ状態の良さも特筆でボールの転がりが良く適度な速さ。また、コース周辺に景色を遮るような木々もないため景観の美しさは抜群です。19番から27番に該当するサードナインは出来たばかりのため周辺は荒地ですがコースそのものは状態がよく、荒地も今後整備されることと思います。

 
印象的なホール


山を背景にした7番ホール、12番ホール、浮島ショートの15番の景観が印象的です。難易度ですと3番ロングホールでしょうか。3番は右ドッグレッグのパー5ですが、ティーショットはバンカーがありますがさほど気になりません。問題は2打目で、右側が池で、池の淵に大きなバンカーが構えています。これら右のハザードを怖がってどうしても左に行きがち。左に行き過ぎるとどうしても3打目のグリーンを狙うショットが長くなってしまいますし、グリーン右は池で左はバンカー群。3打目の距離が残ったら無理をせずにグリーン手前に打つのが正解かもしれません。

 

山をバックにセカンドを打っていく長めの6番パー4

どのホールも景観が素晴らしいコース

 
詳細

27ホール / パー108

プレフィー /要会員紹介

◆平日:P1,200(9ホール)/ P2,000(18ホール)

◆休日:P1,500(9ホール)/ P2,500(18ホール)

住所:2005 Lubao、Pampanga, LUBAO

電話番号:0917-507-9666

 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。
 

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

先月のPradera Verdeに続きパンパンガゴルフ場を紹介します。Beverly Place Golf ClubはNLEXの高速沿いに位置しSan Fernando出口からも近く、マニラ方面からのアクセスも思いのほか良いです。
前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはタギッグ市。アクセスは良いですし、都心部といえども距離も広さも十分。またパブリックコースのためメンバーと同伴でなくてもお手頃な値段でプレー出来るのも魅力です。
名門ゴルフコースの一角を成すサンタエレナ。1stナインから3rdナインまで計27ホールの構成で距離がしっかりとある難コース。コースメンテナンスの状態は非常に良いですし、サンタエレナのゲートからクラブハウス、クラブハウス内の雰囲気も素晴らしいので一度はラウンドしてみたいコースです。
タガイタイタール湖に近い立地の山岳ゴルフコース。アップダウンがあり、ホール間の移動もそれなりにあるため、カートでラウンジするのが良いかもしれません。しかし山岳コースによくある左右が狭く厳しい印象は無く、メンテナンスの良さも手伝ってとても気持ちよくラウンドできるコースです。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
ラウンド後はクラブハウス隣接のレストランではなく是非ともハイランドリゾート内にある中華かステーキかに足を延ばして頂きたいです。どちらもクオリティーが高く甲乙付け難いのが嬉しい悩みで行く度に迷ってしまいます。The Highhlander Steakhouseからの景色は絶景で天気が良ければテラスからタール湖とMidlandコースが見下ろせます。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!少し前に「飼っている犬が子犬を生みました」という動画を出して里親を見つけて子犬を渡したんですがちゃんと成長しているか心配なので子犬の様子を見に行ってきました!
今回は「セブ島のQQENGLISHで英語勉強して来ました!」です。僕たちは普段ネタなど日常会話は全てタガログ語を使っています。フィリピンに初めて来た時にタガログ語も英語も全く喋れなく、まずはフィリピンの公用語タガログ語を勉強しました。
東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。
野村総合研究所(NRI)では、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを通じて社会や企業が「変化が激しい時代の未来を切り開く」支援をしています。今回は、フィリピン企業におけるDX の促進を支援してきた経験を有し、現在はNRI マニラ支店の人事セクターで活躍するMr.Juan Roy にフィリピン企業におけるDX の導入事例についてインタビューした内容を共有します。
改正された会社法で一般の株式会社についてはどのような点が変更されましたか?
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回は堀越の企画!『HPN3の中で誰が1番カッコイイか?!inフィリピン』日本ではあまりモテなかった堀越、、しかし!フィリピンでは価値観も違うのでモテるのでは!?
いまではフィリピンを代表する産業に発展したBPO業界。その成長を牽引してきたのがDTSI(Diversified Technologies Solution International)グループだ。
気軽に海外旅行が楽しめる時代だからこそ、安心安全な旅を届けたい。そして多くのお客さまが旅行を通して世界各地のカルチャーを理解することで世界の平和貢献に繋げたい。そんな想いを持つ、H.I.S.吉田さんにお話しを伺いました。
帝国重工への特許譲渡って何ですか?ドラマの第二話で、帝国重工の開発部長が佃社長に「佃製作所の特許を20億円で売却のうえ、譲渡してくれないか」と頼んでいたシーンがありました。他社の特許を買ったり、自社の特許を売ったりすることを「特許売買」と呼びます。
大学卒業直後から起業、やがて立ち上げたメディア企業で日本のアニメ、「ボルテスV」の放映権を得てフィリピンに紹介し大ヒットさせたラリーさんに、お話をお聞きしました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー