ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! セカンド・ステージ Philippine Navy Golf Club フィリピン・ネイビー・ゴルフ・クラブ

フィリピンゴルフ! セカンド・ステージ Philippine Navy Golf Club フィリピン・ネイビー・ゴルフ・クラブ
広告
広告

 
コース

 

ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはタギッグ市。アクセスは良いですし、都心部といえども距離も広さも十分。またパブリックコースのためメンバーと同伴でなくてもお手頃な値段でプレー出来るのも魅力です。

 NAIAに近く、空港に離着陸する飛行機がコース真上を行き来するのはなかなか壮観ですが、これも立地がもたらすコースの特徴ですね。

 

コース間は林で仕切られているため壁際のホール以外はOBの怖さはありませんが、木々が密集しているため林に入れるとグリーン方向を狙うのがとたんに難しくなってしまうのが特徴。グリーンは芝があまり刈り込まれていないのでショートしないようにしっかり打ちたいところ。

 コースはパー70でショートホールが7ホール。パー5が5ホールの構成です。

 13番、14番、15番とアップダウンのあるパー5が3つ続きます。他のコースではあまり見られない構成で、パー5は一般的にはパーを取りやすいですが、さすがに3つ続く体力的にも気持ち的にも疲れます。とにかく集中力を切らさず乗り切りたいですね。

 
フィリピンのゴルフ場で食べられるオススメ料理


Beef Sukiyaki

ライスと一緒に是非!

 

 

クラブハウス併設レストランは低価格で味もよくコストパフォーマンスが非常に良いです。なかでもお薦めはBeef Sukiyaki。日本人がイメージするすき焼きとは違いますが、味はすき焼きそのもの。肉が少々少ない気もしますが、値段がなんと150ペソ。追加でライスを頼んですき焼きをかければすき焼き丼の出来上がり。

 
詳細

18ホール/パー70

プレイフィー:要会員紹介

◆平日:P1,800(メンバー同伴はP1,400)

◆休日:P2,300(メンバー同伴はP1,800)

住所:Bonifacio Naval Station (BNS), Fort Bonifacio, Taguig, Metro Manila

電話番号:02-887-3732

パブリックコースなので、メンバーと同伴でなくてもプレー可能

 
 
自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。
年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

名門ゴルフコースの一角を成すサンタエレナ。1stナインから3rdナインまで計27ホールの構成で距離がしっかりとある難コース。コースメンテナンスの状態は非常に良いですし、サンタエレナのゲートからクラブハウス、クラブハウス内の雰囲気も素晴らしいので一度はラウンドしてみたいコースです。
タガイタイタール湖に近い立地の山岳ゴルフコース。アップダウンがあり、ホール間の移動もそれなりにあるため、カートでラウンジするのが良いかもしれません。しかし山岳コースによくある左右が狭く厳しい印象は無く、メンテナンスの良さも手伝ってとても気持ちよくラウンドできるコースです。
今回から数回にわたり筆者独断のゴルフ場ランキングを紹介させて頂きたいと思います。最初に紹介するランキングはパブリックコースランキング。パブリックですから会員権を持たずとも行けば誰でもプレーできるのが利点で、都心部から近いコースが多いのも特徴です。
前回に引き続き筆者独断のゴルフ場ランキングを紹介させて頂きたいと思います。 今回はメンバーになりたいコース・ランキングです。それぞれのコースに共通するのは初心者から上級者までが楽しめるということで選ばせて頂きました。
マニラから車で約3時間、SCTEXスービック料金所より車で約45分南下した場所にあるのがAnvaya Cove Golf & Sports Club。マニラ首都圏在住者にとっては少々遠いですが、ビーチリゾートで宿泊施設もあるため、ラウンド後にゆったりと過ごすことも可能。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。

その他

皆さんこんにちは。HPN3です!フィリピンに来て3ヶ月が過ぎまして色々な物を食べました。ですが、まだ食べてないものがありました。それは家庭料理です!もちろんフィリピン料理屋さんやトロトロ屋さんなどでフィリピン料理は食べているのですが本当の家庭料理は食べていません。という事で今回は『隣の晩ご○ん』方式でアポ無しの見ず知らずのフィリピンの方のお宅にお邪魔し、ご飯をいただこうと思います。
第11回目はフィリピンにおける税金の「有利・不利の判断」に関するコラムを記載したいと思います。
フィリピンではPhilippine Golf Tour (PGT)というプロツアートーナメントが1年を通じて開催されています。2017年のスケジュールでいえば2月2日~5日までThe Country Clubで開催されたトーナメントを皮切りに11月15日~18日のWack Wack Golfで行われるツアーまで18試合が予定されています。
フィリピン人講師とスカイプを使ったレッスンと、常識を打ち破る低価格戦略が功を奏し、オンライン英会話業界を牽引するレアジョブ。加藤智久社長にお話をお聞きしました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンの方で日本語を話せる方はちょこちょこいますが、読み書きができる方は少ないです。特に漢字ができる方はあまりいません。
今回はフィリピンの猫カフェに行って来ました。場所はケソンメモリアルサークルからマギンハワストリートを南下した所にあります。
ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。
フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もかなり多いです。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。
フィリピンの個人情報保護法の施行の現状はどうなっていますか?
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー